美容師の平均年収は370万!?美容師が年収1000万になるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容師の平均年収は370万ほどと言われております。

残念ながら、社会的には低い数字と言わざるを得ない数字でしょう。

 

ここでは、美容師が年収1000万になる方法を少し考察してみます。


 

◎美容室経営者になる

現実的に考えても、雇われ美容師のままでの年収1000万はなかなか厳しい数字になります。

月収80万ほどですからね・・・

歩合還元率40%でも、一人で200万の売上を生産しなくてはいけません。

一般的なプレイヤーとしては非現実的と言わざるを得ませんね。

やはり、美容室経営者とステージを変え、数店舗経営する形などが現実的かと思います。

 

詳しくはまた後日記事にしたいと思います。

 

◎大型チェーン店のエリアマネージャーになる

プレイヤーとしての年収1000万は厳しくても、「役職」による年収1000万は現実的とは言えます。

■大型店の店長

■全国チェーン店のエリア統括マネージャー

になるなど、比較的規模の大きな会社にて高い役職をもらえれば、年収1000万は現実的な数字と言えます。

 

◎サロンワーク以外からの収入をつくる

たとえば、技術の講師活動、セミナー開催、書籍を出版したりなどにより、サロンワーク以外からの収入ルートをつくることです。

オリジナルシャンプーやトリートメントを開発して売るなどもそうですね。

ダブルワーク、いわゆる副業形式です。

 

いかがですか?

美容師が年収1000万を獲得するイメージはざっくりこんなところでしょう。

 

いづれにせよ、私はこれからの時代、

『サロンワーク以外からの収入を持つこと』

を推奨しています。

それは経営者になりオーナー収入をもつことだったり、美容師ブログから直接的に稼ぐことだったり、講師業を始めることであったり。

 

残念ながらサロンワークは「労働集約型」ですから、目に見えるレベルでの限界があります。

また、最近増えている超小型サロン(1人〜3人)レベルで独立しても、現実的にたいした収入にはならないでしょう。

 

美容師としての舞台がありつつ、オーナー業などでキャッシュポイントを複数もつ。

これが次世代美容師の新しい働き方なのだと思います。

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で6店舗の小さな美容室を展開し10年以上、前年比約120%の売上アップを継続中。 スタッフ一人当たりの労働生産性は年間1000万円を越える。 現場をスタッフに任せても安定して「億越え」する美容室経営をテーマに、【利益率の高い美容室】【離職率の低い美容室】を構築したい方へのサポートを中心に活動。 信条は「スタッフは経営者にとっての最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*