美容師の独立で顧客(指名客)を連れて独立してもいいの??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、「独立したいけど自分の顧客がいませんが大丈夫ですか??」という質問をいただいたので、私の見解で回答したいと思います。


 

そもそも、顧客情報の持ち出しはNG

 

前職で指名がたくさんあったとしても、その顧客を持ち出すのはルール違反です。

そもそも、個人情報はお店が保有しており、美容師さん個人のものではありません。

個人の能力で指名をとっていたとしても、そこには『お店の看板』が前提にあっての話なのです。

 

いくら個人についている「指名客」であっても、『お店の資産である』というのが大前提です。

 

 

優しいオーナーさんもいる

 

でも、オーナーさんのご好意により、『独立のご案内をしてもいいよ』といってくれる優しい方もいます。

※私も社員の独立開業時は、「独立開業に伴う退社です」というご連絡DMの発送を許可しています。

 

優しいオーナーさんであれば、本来100%お店の顧客であるにもかかわらず、50%くらいは個人のおかげと考えてくれるケースもあるわけですね。

 

当然、選ぶのはお客さんです。

 

「退社後に担当者がどこに行くのか」をお知らせするということまでは、お客様への礼儀としても必要であるとも私は考えています。

 

 

独立は「移転」ではない

 

独立する美容師さんにとっての独立は、当然『価値』があるわけですが、お客様からみたらどうでしょうか??

もし、同じ価格、同じ仕事をするのであれば、お客様にとってはただの『移転』でしかないのです。

 

場所が分かりづらくなったり、遠くなったり・・・

どちらかといえば、『迷惑』な行為になるお客様もいるはずです。

 

『前の店の方がよかった』と思われるケースもめずらしくはありません。

 

 

結局ゼロから集客した方が自分のためになる

 

以上のことを踏まえると、私は顧客がゼロからスタートするという気持ちが大切だと考えています。

せっかく独立開業するんですから、新しい自分の価値で、新しい顧客を育てていった方が長期的にみても成功します。

 

短期的にみれば、以前の顧客がきてもらう方が良いですが、そこを維持する経営方法を続けていくと、「集客能力が育たない」という考え方もできるからです。

 

 

まとめ

 

◎顧客情報の持ち出しはNGであり、お客様はお店の資産であるのが前提

◎短期的には今までの顧客がいたほうがいいが、長期的には新しい価値で新しく集客していくほうがいい

 

わたしはこのように考えます。

顧客はゼロからスタートするという気持ちで独立することをお勧めいたします。

 

 

====================

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*