【独立】独立のメリットを見直してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わたしは、独立についてもっと慎重に考えるべきだと考えています。

 

それはなぜか。。??

 

結局、自己満足になる場合があるからです。


 

 

あなたが美容室の運営を自由にすることは、お客様のためになりますか?

 

あなたが独立することで、社会にどのような価値をどのくらいの人たちに提供できますか?

 

あなたが独立して、不安定な経済力でも家族に迷惑はかけませんか?

 

もし、スタッフを雇ったら、スタッフとその家族の人生を背負えますか?

 

 

 

はっきり言って独立すること自体はカンタンです。

借金もたいしたことありません。

 

しかし、社会保険はない上に、組織化しなくては収入はそれほど見込めない時代です。

もちろん、24時間仕事に生きるようになります。

 

 

私は、独立を目標にする時代は終わったのではないかと思います。

 

これからは、『終身雇用で働けるようなしっかりしたお店に勤務すること』が理想の時代になるのではないでしょうか??

 

 

独立も目標にされる美容師さんは、もう一度独立もメリットとデメリットを考えてみることをお勧めいたします!

鈴木和敏

====================

【小規模ヘアサロンの売上アップ講座】

☆稼げる美容室経営方法をメルマガで配信しています

→  無料メルマガ登録はコチラ

====================

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*