美容師が集まる美容室の特徴を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の美容室はほとんどが個人経営と言われています。

統計的には、一店舗あたりの美容師従事者数は2人に満たないと言うデータもあります。

 

そんな中で、人材が集まる美容室はどんなお店なのでしょうか??


 

いくつか挙げてみたいと思います。

 

 

売上が毎年伸びている

 

毎年成長しているのがわかるようなお店にはやはりお客様が集まります。

外から見ていても、店舗が増えていたり、スタッフが増えていたりしているのがわかるお店です。

 

それは、他店で働く美容師さんにとっても印象がよくなることになりますので、美容師としても成長ができることを期待するようになるからです。

 

安定して新規集客ができている

 

新規集客ができているということは、口コミ紹介や広告宣伝がうまくできているといえます。

 

それは同じ地域の美容師さんにもつたわっているので、美容師さんにも広告宣伝ができていると考えます。

意外と広告は同業者がチェックしてますからね(笑)

 

 

お店のコンセプトが明確

 

どんなスタッフがいて、どんな人がターゲットで、どんなカタチで営業してるのかなど、サロンコンセプトを明確に発信してなければなりません。

サロンのホームページなども、けっこう同業者がチェックしています。

美容師さんに対しても、働くイメージを持ちやすいコンセプトの発信を意識して、サイトの構築をしておきましょう。

 

 

オーナーがどんな感じの人かわかる

 

やはり、オーナーの人格や想いなどに惹かれて集まるスタッフが大切です。

オーナーさんにとっても、自分に共感して就職を希望されることを望みたいですよね。

 

SNSなどのソーシャルメディア、雑誌広告などでもオーナーご自身の思考、人柄を積極的に発信してみましょう。

 

 

 

 

いくつかあげてみましたが、何か気づくことはありましたか?

 

そうです。

 

 

美容室さんの求人はお客様の集客と完全にリンクしているということなのです。

 

 

集客を強化できれば、美容師も集まってくると言えます。

美容師さんも含めて集客してる感じですね。

 

 

私自身がそのように意識をしていると、お客様に混じって美容師さんの面接という予約が入る感覚があります。

 

 

お客様に響かない美容室経営は、美容師さんにも響かない。

『美容師さんに共感される広告宣伝』をぜひ意識してみてください!

 

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*