スタッフが辞めていく理由3大原因その①

脱職人認定講師の神崎智樹です。

前回まで労働環境について詳しく書いてきました。

スタッフが働き続けいく理由に労働環境はとても大切です。

 

では話題を変えて、なぜスタッフが辞めていくのか?

を考察していきます。

【なぜ美容室スタッフは辞めていくのか】

現在の美容業界において、スタイリストの確保は非常に深刻な問題です。

厚生労働省が公表している「新規短大等卒就職者の産業別離職状況」によると、平成30年3月卒 新規短大等就職者の中で、美容師を含む生活関連サービス業に就職した人数は14,516人でした。

その内、1年目までに離職した人は8,220人、2年目までに離職した人は6,633人、3年目までに離職した人の数は8,027人となっています。

このデータから、実に56.6%もの人が就職から3年以内に離職していることがわかります。

今回取り上げた『美容師を含む生活関連サービス業』の中には美容師以外の職種の方も含まれますので、美容師だけに絞ると、もっと高い離職率になることが予想されます。

では、スタッフが定着せずに辞めていく理由は、一体何なのでしょうか?

人によって事情は様々ですが、分析していくと、その理由は大きく分けて3つ存在します

 

辞めていく理由 その ① 『労働環境・待遇』

まず1つ目の理由は、スタッフにとって魅力的な労働条件を提示できていない、という点です。

・休日が少ない

・拘束時間が長い

・給料が低い。また、なかなか上がらない

・社会保険に加入していない

・福利厚生が整っていない

これらは、これまでの美容業界では「当たり前」として捉えられてきたという現状があります。

スタッフに継続的にサロンに関わってもらうためには、これらの見直しと改善は必須です。

要は、他店と比較するのではなく、「他業種」と比較するということです。

働くスタッフは、他店とはもちろん、他業種の労働条件とも比較しています。

美容師の仕事が楽しいけども、努力や労力に見合っていないと感じれば、他業種への転職も選択肢に入ります。

 

次回へ続きます。

ブログ読者限定で無料の個別相談を行なっています

経営者にとって悩みは尽きませんし、スタッフの問題や売上UPへの課題など悩みは山積みだと思います。

1人で悩まず、誰かに相談するとすぐ解決への道が開けるかもしれません。私もその1人でした。

また私は自らもたくさん痛い経験をしながら業績UPや労務問題に取り組みました。そんな経験をして欲しくないですし、小さなサロンオーナーの味方です。ぜひ1度ご相談ください。

小さな悩み一つからでもOKです!こちらのLINEよりお願いいたします。

 

友だち追加

関連記事

スタンドFM配信中♫

ライブ配信はFacebookで!