【最短で脱職人】美容院経営の求人採用で1番重要な視点とは?

脱職人認定コンサルの阿部祥子です。

寒いのが苦手なので、保育園の送り迎え以外は外に出ない挑戦を始めました。

twitterはこちら

 

こちらのブログでは”最短でスタッフに任せて脱職人する方法”を発信しています。

 

2022年が終わりますね。

今年はどんな行動をし、どんな成果が出せたでしょうか?

集客が、リピート率が、単価が・・と

このアカデミーで勉強されている方は正解が分かっているので

行動している限り成果が出たのではと思います。

 

では今年、スタッフの採用は何人できましたか??

求人の問い合わせは何件ありましたか?

『もう席数マックスです』と言う方以外は、脱職人志望の経営者さんなら

必須なのがスタッフです。

 

『求人媒体には載せてます・・』と仰る方も多いですが

それ以上何をしていいか分からない経営者さん多いのではないでしょうか?

 

今日は脱職人する美容院経営においての

求人の重要性についてお話しします!

 

美容院の商品はカット?それとも・・・

 

『美容院というビジネスにおいて商品は何ですか?』

と聞かれた時、あなたは何と答えますか?

 

『お手入れしやすいカットと透明感のあるカラーです』と答えた方は職人さんですね。

 

脱職人式で言えば、商品は『美容師さん』です。『人』です。

 

美容院の経営において大事な要素はたくさんありますが、

人がいなければ何も始まらないのが美容院というビジネスです。

 

美容師がいない美容院は、

野菜が置いていない八百屋です。

 

どんなに立地が良くても、

集客が出来ても、

野菜が1個しか置いていない八百屋の、その日の売り上げは野菜1個分です。

 

経営者のあなたは、まず野菜を仕入れないといけません。

売上を作るのはあなたではなく野菜です。

まず美味しい野菜を仕入れる事に必死にならなくてはいけないです。

 

他の業種に置き換えてみると、商品がないのは話にならないというのが

よくわかるのではないでしょうか?

どんなに単価を上げても、リピート率を上げても、売り上げは天井があります。

ある時点で、『人を増やす事が最重要タスク』と早めに気が付いて下さい。

 

2023年にするべき経営者としての仕事とは

 

私は今開業から4年目ですが、

問い合わせは20件ほどで、その内10人採用した経緯があります(内1名離職)。

商品である美容師さんを集められたので、

店舗が増え、任せられ、脱職人が出来ています。

 

開業時から何よりも求人に時間をかけてきました。

 

メニューやリピートの仕組みは、正しく作ってしまえば後は動かしていくだけです。

集客はお金をかければある程度どうにかなります。

求人だけはタイミングや運も関わってきて難易度は高いです。

 

でもだからこそ、時間と頭を使って試行錯誤した人しか勝てないです。

 

2023年は、求人を経営者としての最優先タスクにしましょう。

そしてさっさと脱職人しましょう!

 

 

☆『現場を離れて人に任せたい』『2店舗目を出したいけどどうすればいいか』

など毎月3名限定で無料相談受け付けています。

こちらのLINEからどうぞ(友達追加でプレゼントもあります!)

 

認定コンサル阿部祥子のLINE↓

友だち追加

 

Twitterはこちら

twitter.com/she_shoko

 

関連記事

専用チャット招待中♬

主宰者:鈴木和敏

 

 

▼▼▼ 鈴木のLINE ▼▼▼

ライブ配信はFacebookで!