想定外の雇用エラーと個別コンサルの恩恵

こんにちは。脱職人認定講師の坂本です。

私自身は、鈴木先生の個別コンサル「マスターくらぶ」で2年間サポートをして頂きました。

今回は、2年間のサポート期間中に経験した私自身の裏エピソードをお話します。

 

想定外の雇用のエラー

2年程前のお話です。

2名いたスタッフのうちの1人が産休に入る事になりました。

その際、3人目のスタッフの雇用に踏み切った際、2人連続で試用期間中に離職するという経験をしました。

1名は独立、1名は病が発病して入院(その後、また働きたいとの打診を頂きましたが、同じ環境に戻る事での再発防止を優先し、話し合いの結果離職)

今振り返ると色々な反省点がありますが、しっかりロジックを組んだつもりでいた当初、2連続の出来事にさすがに落ち込みました。

 

悩む時間を秒で解決

個別コンサルを受けていた当初、面談の際に悩みを打ち明けると、鈴木先生から一言

 

「雇用は運ですから」

 

この瞬間、それまでのモヤモヤが秒で解決しました。

あの時の一言が無ければ、数ヶ月、数年ひきずり、下手したら雇用を諦めるなど、現状は大きく違っていた可能性があります。

その後、雇用に再トライし、8ヶ月前に最終面接まで進んだ方に再度コンタクトを取り、入社。

半年で90万の売上に到達しました。

そしてつい先日、1年前に問合せがあった方と、再度面接する運びになりました。

(この「問合せに来た見込み美容師さんを順番待ちにしておく」という価値観もコンサルを受けて学びました)

現在はコンサルをする立場になりましたが、クライアントさんと過去の自分自身と重なる部分は「自分でも気付かないうちに立ち止まっている事がある」という事です。

私自身も、この感覚は痛いほど分かります。

 

コンサルの現場で共通する流れ

現在、サポートくらぶ、自身のクライアント含め7社のサポートをする中で共通の流れがあります。

①現状を常に俯瞰してヒアリング

②その現状を生み出している要因の特定

③解決策のヒントと背中押しの一言

これは、私自身がコンサルを受けてきた中で、また、コンサルをする中で共通の流れです。

「導火線に火がついた状態」に例えられますね。

導火線の長さにはそれぞれの背景が関わりますが、成果を出す為にはまず火を付ける必要があります。

火を付けるまでの時間を限りなく時短する=悩む時間のカット

これこそが、コンサルを受けて得られた最大の恩恵になります。

 

「サポートくらぶ」ご検討中の方へ

現在、サポートくらぶにて、3社のサポートを行なっています。

自身のクライアントさんを含めると7社になりますが、私自身のリソースをしっかりサポートに割く為に10社を上限にしています。

今現在サポートくらぶにご興味がありましたら、こちらよりお早めに「サポートくらぶ興味あります」とコメント下さい。

https://03auto.biz/clk/archives/qsbuvq.html

関連記事

スタンドFM配信中♫

ライブ配信はFacebookで!