【最短で脱職人】お店づくりにおいて重要な2つのポイントとは?①

こんにちは、脱職人認定コンサルの阿部祥子です。Twitter

子供とアンパンマンのテレビを見過ぎて親の方がハマっているこの頃です。

 

前回の記事でもお話ししましたが、

私は初めから、店舗展開をして脱職人するのを目標に美容院の開業をしました。

その為、開業前から

①”選ばれるお店づくり”

②”コピペできるお店づくり”

の2つのポイントを意識してお店づくりを考えました。

 

①は商売をする上で必須ですが

沢山ある美容院の中で”お客様”と”働く美容師”の両方にわざわざ選んでもらう必要があります。

お客様を集客できるかはもちろん大事ですが、

脱職人して人に任せたいなら『美容師から選ばれる事』が重要になります。

 

そしてもう1つ、②が必要になります。

”私だから出来た”ではずっと現場から離れられません。

誰がやっても、店舗展開して別の場所でも、同じような結果になる形を作る必要があります。

 

2つとも大切なのですが、

今回はまず①についてどう考えていったのかお話ししようと思います。

1人で居抜き12坪からスタート

 

人がお店を選ぶ時に考える事

人が何かを選ぶときは

A『今より良くなるには?』 という良い状態を求め悩む気持ちと

B『嫌な思いをしない為には?』 という悪い状態を避ける為に悩む 2つの気持ちが働きます。

これは物を買ったり何かを選ぶ上で必ず出てくる人の気持ちです。

 

なので私は

『お客様のA・B 2つの悩みを解決するお店』かつ

『働く美容師のA・B 2つの悩みを解決するお店』があれば良いなとまず考えました。

 

当時”35歳・女性”の私は自分がお客様として美容院に行くなら・・と考えると

A『白髪を染めて今より綺麗になりたい・・』

B『でも若い美容師さんに白髪を見られたくない・・』

 

そして”35歳・女性美容師”の私は、働くお店を探すなら・・と考えると

A『美容師としてまだこの先活躍したい・・』

B『でも長時間働いたり、若い子の中でいるのはキツい・・』

 

それを踏まえると

『私みたいなお客様を私みたいな美容師が担当すれば解決する!』と思い

今のお店を作る軸にし、そこから

・それにはどんなお店の内装がいいのか?

・メニューは何が必要か?

・スタッフの募集要項は?

という順に考えていきました。

 

ターゲットがお客様も、スタッフも『自分みたいな人』だったのです。

1人が悩んでいれば100人悩んでいる

私と同じ悩みを持って集まってくれたスタッフ

私の感覚ですが、

1人悩んでいる人がいれば、同じような悩みの人は100人以上います。

その1人の悩みを見つけて、掘り下げた物を形にし、ちゃんと伝えればお店は人に選ばれます。

 

逆に選ぶ理由がなければ、選ばれません。

 

あなたのお店は誰かが選ぶ理由がありますか?

 

 

☆『現場を離れて人に任せたい』『2店舗目を出したいけどどうすればいいか』

など毎月3名限定で無料相談受け付けています。

こちらのLINEからどうぞ(友達追加でプレゼントもあります!)

 

脱職人認定コンサル阿部祥子のLINE↓

友だち追加

 

Twitterはこちら

twitter.com/she_shoko

 

関連記事

スタンドFM配信中♫

ライブ配信はFacebookで!