求人力を上げる美容室経営『人が集まる10か条』とは??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室経営においても、『人が集まる』お店づくりは非常に大切です。

お客様はもちろん、美容師さんもそうですよね。

 

美容室は人財業です。

 

いまだに離職率が高く、人材確保が困難と言われる業界ですが、これからは『仲間が集まる美容室づくり』をしていくことが大切だと私は考えます。


 

 

人が集まる10か条

 

1. 「人が集まるところに」人は集まる

2. 「夢の見られるところに」人は集まる

3. 「噂になっているところに」人は集まる

4. 「良いもののあるところに」人は集まる

5. 「快適なところに」人は集まる

6. 「満足の得られるところに」人は集まる

7. 「自分のためになるところに」人は集まる

8. 「感動を求めて」人は集まる

9. 「人の心を求めて」人は集まる

10. 「自分の存在感を認めてくれるところに」人は集まる

 

この10カ条は、お好み焼専門店「千房」社長の中井政嗣さんが言われている言葉です。

美容師求人のヒントになるのではないでしょうか??

 

 

課題として考える

 

上記の10か条は結果的な話になっていますので、逆に考え「課題」として考えてみましょう。

 

  • どうすれば、他人が集まるのか?
  • どうすれば、他人は夢が見られるのか?
  • どうすれば、他人に噂になるのか?
  • どうすれば、他人に良いモノをあたえられるのか?
  • どうすれば、他人に快適なのか?
  • どうすれば、他人は満足が得られるのか?
  • どうすれば、他人の為になるのか?
  • どうすれば、他人に感動をあたえられるのか?
  • どうすれば、他人に心をあたえられるのか?

 

スタッフが集まり、スタッフが辞めない『仲間のいるサロンづくり』のヒントになると思います。

 

 

集客力よりも求人力の方が大切

 

私はお客様を集める『集客力』をあげること自体はそれほど難しいことだとは思いません。

しかし、仲間を集める『求人力』というものは経営者の能力が問われる部分であり、今後の美容室経営においても重要度が増すのではないかと思っています。

 

お客様を失客することよりも、一緒に働く仲間がいなくなることが美容室経営の最大のリスクなのではないでしょうか??

 

 

鈴木和敏

====================

【小規模ヘアサロンの売上アップ講座】

☆稼げる美容室経営方法をメルマガで配信しています

→  無料メルマガ登録はコチラ

====================

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*