【独立】小規模ヘアサロンの開業費はいくら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小規模ヘアサロンの開業費の目安を知っておきましょう。

ここで言う小規模ヘアサロンとは、

 

◎セット面4〜5

◎シャンプーイス2

 

程度で、4〜5人で運営できる形です。

 

今回は、テナントでの開店で考えます。


 

 

参考例

 

内外装工事費  600万 ※看板も

設備費     100万 ※エアコン、照明、セットイス、シャンプーイス、ワゴンなど

材料費     60万 ※カラー剤、パーマ液やタオルなどの小物も含みます

広告費     40万 ※名刺などの各種印刷物や、チラシ代などです

運転費     100万

その他     100万 ※レジやパソコン、玄関マット、待合いソファーや、テナント契約金なども。

 

計        1000万

 

おおまかですが、私の開業経験をもとにした数字です。

このぐらいを参考基準に考えると良いかと思います。

 

 

これからの時代、大きくはじめるのはリスクが大きいと思いますので、この基準を上回らない開業計画を立てることをオススメします。

 

 

詳細のアドバイスが欲しい方はお気軽にお問い合わせを。

 

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*