美容師の求人に困らない美容室!?

最近、知人の経営者さんとこんなやりとりがありました。


 

知人「鈴木さんの店はどうやって求人していますか?」

 

私「待遇を箇条書きで羅列しただけのホームページくらいですね」

 

 

知人「専門学校には求人出してますか?」

 

私「いや、新卒は取らないので、、」

 

 

知人「職安には求人を出してますか?」

 

私「出してないですね~」

 

 

知人「なぜ、求人に困らないのですかね?」

 

私「社会保険と完全週休二日制の待遇だと思いますよ」

 

 

知人「あ~なるほど、それはすごい。うちにはそれは難しいですね。ありがとうございました。」

 

私「、、、」

 

 

私は今後の求人はさらに厳しくなると思います。

美容師は減っている(日本の人口事態減少)のに、美容室数は増えていますしね。

その中で、社会保険を整備出来ないのに求人したいという考え方は、正直厳しいと思います。

 

生産性(一人当たり70万くらい)を出す

社会保険の整備

さらっと求人

 

求人の困らないサロンにするためには、雇用環境や待遇整備の充実は大切だと思います。

まずは、生産性や利益率を上げることからはじめましょう。

 

関連記事

オーディオブック無料配布中!

脱・職人アカデミー主宰/鈴木和敏

200

最近の活動状況なども発信している個人ブログはこちらです。

脱職人経営の鈴木(公式サイト)

Facebookではライブ配信もやってます。