平成24年度の美容室の店舗数は増加!サロン経営は二極化が進む

平成24年度の美容室の店舗数、美容師数が厚生労働省より発表されました。

ここ数年の増加傾向を維持し、美容室数、美容師数ともに増え、過去最高を記録したようです。


 

美容所、美容師ともに過去最高を更新

 

平成24年度(平成25年3月末現在) 美容所施設数

全国計 23万1,134軒

対前年増減数 2,705軒増

増減比率 1.2%

 

平成24年度(平成25年3月末現在) 美容師数

全国計 47万9,509人

対前年増減数 8,348人増

増減比率 1.8%

 

出典 厚生労働省のサイト

 

今後も美容室が増加する理由

 

ここからは主観ですが、今後もしばらくは美容所が増加していくことと思います。

一つは「カリスマ世代」と呼ばれる年代の独立が増えていくことがあげられます。

15年ほど前に『カリスマ美容師ブーム』がありました。

その時期にカリスマ美容師に刺激を受け、美容師の世界へ入ってきた世代が30代を迎え、独立を考える時期に入っているからです。

 

参考 ミナミだけで900店超という美容院“開業ラッシュ”の「なぜ」…“カリスマ世代”の夢と現実

 

今後は美容室の二極化が加速

 

今後も美容室が増加するという予測の中、美容室経営者は今後をどのように考えていけば良いでしょうか??

日本の人口は減少傾向にありますので、競争の激化がさらに進むと容易に予測ができます。

 

ますます繁盛サロンと、閑散サロンの二極化が進むことでしょう。

 

個人経営のサロンに必要なことは、高単価かつ、高リピート率を安定して維持できる経営が必要と考えられます。

少ないお客様でも繁盛する経営です。

 

法人サロンにおいては、しっかりと組織化し、体力と集客力のあるサロンに育てる必要性も感じています。

個人経営も、法人経営もさらなる経営力の向上が求められることになるのではないでしょうか。

 

個人的には、オリンピック開催時期くらいの7年後には減少傾向になっているのでは?と考えております。

美容業界はおよそ8割が個人経営とされていますが、今後二極化が進むことで、法人サロンの割合も増えてくるのではないかとも予想されます。

マーケティングに成功したサロンが加速的に成長していく可能性があるからです。

 

今後の美容業界の動向に注目したいと思います。

 

関連記事

オーディオブック無料配布中!

脱・職人アカデミー主宰/鈴木和敏

200

最近の活動状況なども発信している個人ブログはこちらです。

脱職人経営の鈴木(公式サイト)

カテゴリー

Facebookではライブ配信もやってます。