「現在業務」と「未来業務」の割合を意識する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が美容室の売上げを毎年前年比120%越えを達成できている理由の一つに、

未来業務に時間を割く

という行動があります。


 

 

経営者の仕事は大きく二つ

 

それは、『現在業務』と『未来業務』です。

「現在業務」とは、単純にサロンワークです。

すぐに売上げを出すための仕事ですね。

対して「未来業務」とは、戦略を考えたり仕組みの構築をし、将来的に売上げにつなげるための仕事です。

 

オーナースタイリストとして毎日バリバリサロンワークをしていると、どうしても『未来業務』に取組む割合がへってしまうのではないでしょうか??

 

 

未来業務こそ経営者の仕事

 

本来経営者の仕事は『未来業務』であるべきです。

 

業務マニュアルの構築

スタッフが集まる労働条件の整備

新規客が集まる発信

次の店舗展開の事業計画の作成

目標売上げの設定

 

私はこういった「未来業務」になるべく時間を使ってきました。

 

また、セミナーや書籍など、時間の投資と同様にお金の投資もしてきました。

 

 

割合はどのくらい??

 

今現在の私も経営者でありながら、サロンワークも出ていますので『プレイングマネージャー』ではあります。

そのなかで、業務の割合はどうかというと、

 

現在業務(サロンワーク) 3割

未来業務(経営マネジメント) 7割

 

くらいに意識して時間管理をしております。

 

当然、スタッフが増えるまでは逆でしたので、現在業務(サロンワーク)7割、未来業務(経営マネジメント)3割といった状態がしばらくあった感じでした。

 

もちろん、独立当初は100%サロンワークで、そこにプラスで未来業務を追加するという感じからのスタートです。

 

しかし、少しづつこうして現場を退いていくことで、経営の安定化や成長の加速を達成できているという実感があります。

 

 

経営者にとって大事なのは

技術の講習会などでテクニックを勉強すること』よりも、『未来業務につながる経営の勉強

に時間とお金を使うことなのではないでしょうか?

 

 

ぜひ、「未来業務と現在業務の割合」というものを意識してみることをおすすめしたいと思います。

 

 

鈴木和敏

====================

【小規模ヘアサロンの売上アップ講座】

☆稼げる美容室経営方法をメルマガで配信しています

→  無料メルマガ登録はコチラ

====================

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*