リアル口コミの重要性を考えてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室経営におけての『新規客の集客』にもさまざまな方法や手段があります。

そこで今日は口コミについて少しまとめてみたいと思います。

 

まず、新規客の集客方法は大きく分けてしまうと2つに分けることができます。


 

◎WEBを活用してネット集客する方法

HPBなどの大手ポータルサイトから地域密着型口コミサイトなどの有料のものから、無料のBLOGなど多岐にわたります。

 

◎既存のお客様からのリアル口コミで集客する方法

紹介カードなどをつかったりして、すでにご来店いただいているお客様からご家族や友人を紹介していただく集客の方法です。

 

WEBでの集客方法のポイントは後日まとめる予定ですが、今回は考え直したいのがリアル口コミの集客方法の重要性です。

 

なぜかというと、この『リアル口コミ』こそが一番効果的に集客することが可能だからです。

理由は簡単。

 

既存のお客様のリアル口コミは

 

『属性が近いお客様を呼んでくださる』

 

さらに、ネットよりも

 

『信頼度が高いまま伝わる』

 

ということです。

 

 

属性というのは、例えばトリートメントに気を使うお客様のお友達はトリートメントに気を使う方が多いということですね。

毎月白髪染めをされるお客様のご紹介なら、やはり同じ世代のお知り合いが多いというわけです。

 

信頼度については、ネット上でだれが書いたか不明な口コミよりも知人の口コミのほうが信頼できるのは当然のことですね。

 

最近、ネット集客に力を入れる美容室は多いですが、ぜひリアル口コミの取り組み方というのも見直してみましょう。

 

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*