美容室経営者がサロンワークを離れる時間に比例してスタッフは成長する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は最近、自分の時間の使い方を意識しています。

それは、「社長の仕事」になるべく時間を使うことです。

 

伸びている会社、安定している会社は、やはり経営者が「社長の仕事」に多くの時間を費やします。

 

それは、


 

◆経営者にしか出来ない仕事

 

経営者じゃなくてもできる仕事

 

これをわけて考えて時間を使うことです。

 

美容室の経営者さんはサロンワークに立ち、

自身の売上が大きな割合を占める方が少なくありません。

 

が、本来それは経営者の仕事ではなく美容師さんの仕事ですよね?

 

残念ながら、それは逆に

スタッフの活躍の場を奪ってしまう行動

だと思うのです。

 

たいていの経営者は優秀な美容師さんですから、

自分がやったほうが売上が上がるのは当たり前です。

 

サロンワークが好きなのも当たり前ですね。

 

しかし、経営者になったからには

 

『いかにスタッフが売上を出せる環境をつくるか?』

 

この為に行動することが仕事のはずです。

 

私自身もまだサロンワークをしますが、スタッフの邪魔にならないスペースで余裕がある時間に限定してひっそりとです(笑)

開業当初は、もちろん私も現場主義でした。

 

しかし、集まってくれた社員のために自分を抑え、勇気を出して少しずつ現場を離れてきました。

結果、スタッフの成長が著しくなり、安定して伸びているサロンを運営できています。

 

 

離職率はほぼゼロ。(独立した1名のみ)

 

 

スタッフに感謝されることが、経営者としてなによりも嬉しい瞬間です。

 

もし、あなたがこれからスタッフを雇い、サロンを安定させたいとお考えならば

 

『早めにスタッフのために現場を離れる』

 

という覚悟が必要だと思います。

 

 

 

すでにスタッフを雇っているならば、

 

『自分の売上がゼロでも成り立つサロンづくり』

 

に多くの時間を割きましょう。

 

 

 

サロンワークに出るという時間の使い方は、

 

経営者の時間の使い方ではない

 

ということなのです。

 

 

 

ではまた!

 

 

IMG_5714

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*