今後も生き残る美容室とは?時代に合わせて取組むべき3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容業界の今後は、ますます経営者の力が問われる時代になるでしょう。

 

すでにわかりきっているレベルのお話ですが、今後の美容業界に対応力が問われるポイントが3つほど挙げられます。

その3つポイントをもう一度押さえておきましょう。

人口減少

日本の人口は2005年をピークに減少しています。

今後も減少傾向はより進んでいくとみられてるなか、まだまだ美容室は増加傾向にあります。

これは「カリスマ世代」(カリスマ美容師ブームのときに美容師になった世代)が、独立時期の30代を迎えていることが要因の一つと言われていますね。

このようなことからも、ますます集客が難しくなることが考えられます。

 

小さな美容室にとっては、より顧客生涯価値(LTV)などを高めるなど、

「質の高い美容室作り」

をすることがますます重要になってきます。

 

高齢化

ご存知の通り、日本は高齢化が進んでおります。

時代に合った美容室をキーワードで簡単に考えると、

 

一昔前は「トレンドスタイル」

今までは「ダメージレス」

今後は「エイジングケア(若返り)」

 

といったところがイメージを捉えるワードになると言えますね。

時代のニーズにしっかり合わせてのメニュー展開、コンセプト設計などを考え、時代が求めるサロンづくりを進めていくことが必要になります。

 

少子化

そして、少子化も大きな問題です。

若手美容師が減り、人財確保が非常に困難になっていくことが考えられます。

すでに困難ですが・・・

 

となると、当然雇用に強い美容室が生き残ります。

社会保険の整備、完全週休二日制の導入などではもはや必須と言えますね。

 

それに加えて、サロンで働く理由(やりがいや教育システム)などのサロン独自の価値づくりも整える必要があります。

明確なキャリアプランも提示できなくてはなりません。

 

まとめると・・

■客数よりも顧客生涯価値を高めること

■エイジングケア(若返り)メニューを整備すること

■人財確保の基盤づくりに取組むこと

 

これら3つのポイントは今後の美容室経営において、経営者がいま取組むべき『必須科目』と言えるということです。

 

もし、取組みが遅れているならば・・・今からしっかり取組んでいきましょう!

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*