店販が売れる美容師になるためのポイントとは?

美容室経営において、『店販』というのは大きな意味をもたらします。

今日は店販が苦手な美容師さんへ向けて、ちょっとしたコツをまとめたいと思います!

 

私は店販というのは、


 

お客様からの技術者としての信頼度に比例するもの

 

と考えています。
 

たとえばその日提供したヘアスタイルを再現したいと思ってもらえれば、必ずお客様から、

 

『どうすれば再現できますか?』

 

と聞かれます。

そこで、

 

『これを使ってください。』

 

という一言で売れるという形が店販の理想です。

 

なので、

 

プロとしてのお客様信頼度をあげる

 

ということだけ高めればよいのです。

そこを踏まえていただいた上で、少しポイントを上げたいと思います。

 

◎自分が使用した感想を伝える。

成分がどうのこうの言うより、自分が使ってどうだったかを簡潔に伝えて下さい。
お客様はただそれが知りたいだけです。

 

◎商品を手にとっていただく。

人はモノを見るだけよりも、モノを手に取ると所有感を感じます。
洋服屋さんでとにかく試着させる手法と同じです。

 

◎買ってもらおうとせず、知ってもらおうとする。

最初から『興味を持ってもらうだけ』と割り切って紹介してみて下さい。
別に買って欲しくなんかないんだけどオーラを出すくらいでちょうど良いです。

 

◎ホームケアの重要性をわかりやすく伝える

『毎月トリートメントや頭皮ケアをしても一年でたった12回なんですが、他の353日のお手入れはいったいどうされるおつもりですか?(笑)』
と聞いてみる。

 

 

店販が売れないというのは、逆に技術の押し売りになります。

技術売上に対しての店販比率は、最低10%(ヘアケアのみ)は必要です。

 

出来れば20%は目標にしてみたらいかがでしょうか?

関連記事

オーディオブック無料配布中!

脱・職人アカデミー主宰/鈴木和敏

200

最近の活動状況なども発信している個人ブログはこちらです。

脱職人経営の鈴木(公式サイト)

Facebookではライブ配信もやってます。