スタッフのモチベーションに左右されない経営方法

スタッフを雇用している美容室経営者さんは一度は感じたことがあるのではないでしょうか?

「スタッフのモチベーションが低い」

「もっとやる気を出して欲しい」

これらに対するオススメの考え方があります。


 

人の感情はコントロールできない

 

モチベーション(やる気)は人の感情です。

モノの好き嫌いと同じと考えてみれば、コントロールはできないと言えると思います。

ピーマンが嫌いの人に、「ピーマンを好きになれ」と言ったところで、好きになることはないのです。

出来ても、ピーマンの良さを伝えて好きになるきっかけを与えるくらいです。

結果的に好きになるかどうかは本人次第でしかないわけです。

 

 

行動を管理する

 

サロンワークにおいて大事なのは、やるべきことをやっているかどうかです。

スタイリング方法はわかりやすく伝えたか?

次回提案は行なったか?

など、スタッフの行動管理を仕組み化すれば良いわけです。

モチベーションに左右されないような行動管理で、業務の仕組み化をする。

ここが大事になるのではないでしょうか?

 

 

成果が出ると結果的にモチベーションがあがる

 

正しい行動をしっかり管理し、それによって成果が出ると、結果的にスタッフのモチベーションはあがります。

モチベーションはあげるものではなく、結果的にあがるということになりますね。

目に見えない「感情」を管理せずに、

目に見える「行動」を管理する。

これにより、強いチームづくりが出来るのだと思います。

 

行動管理に必要なツールは業務マニュアルとチェックシートです。

このツールをどれだけ効果がでやすいものにするかにより、

モチベーションに頼らず成果が出せるチームづくりが出来るのだと思います。

 

ぜひ、マニュアルづくりを強化してみてはいかがでしょうか??

 

 

鈴木和敏

====================

【小規模ヘアサロンの売上アップ講座】

☆稼げる美容室経営方法をメルマガで配信しています

→  無料メルマガ登録はコチラ

====================

関連記事

オーディオブック無料配布中!

脱・職人アカデミー主宰/鈴木和敏

200

最近の活動状況なども発信している個人ブログはこちらです。

脱職人経営の鈴木(公式サイト)

Facebookではライブ配信もやってます。