これが職人経営から抜け出せない原因!?スタッフが定着しない個人美容室経営者の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室の大半がスタッフ3名以下の個人経営という美容業界ですが、職人としての成功が「独立開業」だったのはすでに過去の話です。

 

美容師としての幸せを考えるならば・・・

職人としてバリバリ働けるステージがきちんと整っている会社に所属するべき時代なのではないかと思います。

 

逆に経営者のあなたは、スタッフを雇用する以上、働くスタッフの未来やその家族のためにも

それなりのステージ(会社)を作らなければなりません。

 

社会保険の整備や、それなりの労働条件、長く働けるキャリアプランを考えたら…

◼︎年商1億突破

◼︎社員10名以上

◼︎店舗数3店舗

などのような数字が1つの目安となるのではないでしょうか?

 

つまり、独立開業してから何年も「個人経営」のあなたは、美容師目線の経営から仕事の角度を変えることが必要になります。

雇用した美容師がなかなか定着せず、

「個人経営から抜け出せない」

という美容室経営者は、以下のような特徴があるかも知れません。

 

技術指導がオーナー直々で、やたら教育熱心な美容室経営者

美容師の仕事は技術サービスの提供です。

なので、もちろん技術教育は大事なのですが・・・

 

経営者のあなたが1番やるべき教育は、技術教育よりも「理念教育」です。

働く目的、あり方、方向性、価値観など。

これらをスタッフと共有することこそ、もっとも重要な「スタッフ教育」になります。

 

また、オーナーの技術教育は、優秀なあまり多くを求めすぎになりがちです。

つまり、あなたの高すぎる要求はスタッフの大きな負担になります。

 

できることなら、技術的な教育は少し上の先輩や外部講師に任せましょう。

その方が余計な負担が減り、実は成長が早いのです。

 

そもそも、オーナーの合格基準がお客さんの合格基準と必ずしも一致するわけではありません。

あなた技術を再現できるような、コピー美容師を育てることが「スタッフ教育」ではないのです。

 

毎日顔を合わせるのに、頻繁に飲み会に顔を出す美容室経営者

先に述べたように、理念の教育は大事です。

つまり、コミュニケーションをしっかりとる必要があります。

 

しかし、ただでさえ距離が近いのにやたら「飲みニケーション」をしたがることは少しキケンです。

毎日同じ職場で顔を合わせるのであれば、仕事中にいくらでもコミュニケーションはとれるはずです。

 

いくら仲良しな関係でも、残念ながらスタッフという立場からみる経営者(オーナー)は特別な存在です。

経営者と過ごす時間は「勤務時間内だけに済ませたい」というのがスタッフの本心なのです。

せめて一次会だけで帰ってあげましょう。笑

 

もし、お酒がないと本音を語れないというのであれば・・・

普段のコミュニケーションを見直す必要があるのかも知れません。

 

自分でやった方が早いからと、責任ある仕事を任せきれない美容室経営者

経営者は優秀なので、自分でたくさんの仕事をこなせてしまいます。

スタッフにわざわざ任せた場合よりも、自分でやった方がスピードは早く、クオリティも高い結果を出すでしょう。

事務系作業から、ニュースレターやPOP作りや、ホームページの打ち合わせなどマーケティング的なものまで。

 

スタッフの成長を考えたら、経営者のあなたは

「やらないことを増やす」

という意識が大事です。

 

スタッフには、責任ある仕事にどんどんトライさせましょう。

そこに「やりがい」や「成長」があるのです。

 

スタッフの健康や家族など、個人の尊重に対する配慮が足りない美容室経営者

サロンワークを含め、仕事に対しての情熱はアツイ経営者ほど、「個」の尊重に対する配慮が足りないケースを良く目にします。

 

人の人生は仕事だけではありません。

◼︎結婚してれば、夫婦としての役割

◼︎子供がいれば、親としての役割

◼︎子としての役割(親孝行など)

身近な人に対する役割を果たすためのサポートは、雇用者側の考え方次第でかなり変わってきてしまいます。

仕事は人生の中心になるものですからね。

 

また、心身の健康も同様です。

カラダあっての仕事ですから、従業員の定期的な健康診断やメンタルケアには、最大限の配慮を考えたいものです。

 

いくら優秀な美容師オーナーさんであっても、1人でできる「価値提供」には限界があります。

カリスマな美容師さんでも、月の指名売上800万とかでしょうか?

(どっかで聞いた話)

 

経営者自身がそんな「メジャークラスの美容師」になることはココでは論外なのですが・・・

 

頑張って「メジャー級スタイリスト」を育てることなんかよりも、

指名売上80万程度のスタイリストを10人雇用(育成)すること

の方がよほど社会的な価値があります。

 

スタッフが定着し、個人経営から抜け出すために。

あなたもそろそろ「脱!職人経営」を考えてみてはいかがでしょうか??

 

無料コンテンツをプレゼント中です

私のLINE@に友達追加で、以下のコンテンツをGETしてください。

「攻略!インスタ集客(初級編)」

「メニュー構築テンプレート(単価18000円ver)

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

 

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*