美容室経営に「優秀なスタッフ」は必要か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室経営者ならば、たくさん悩みがあるであろう【人材教育や育成】について考えてみます。

これについてはさまざまな取り組みがあると思いますが、一つ経営者目線で考えてみて欲しいことがあります。


 

それは、

売上があって、しっかり利益を出している会社には超優秀な人材しかいないのか?

ということです。

 

はっきりいって、そんなことはありません。

もちろん優秀な人はいるはずですが、全員優秀なエリート集団ではありません。

 

ではなぜ、売上と利益が出せるのか?

それはエリートに頼らなくても売上が上がる仕組みの構築がされているからです。

 

私が言いたいのは、

『経営者は、優秀なマンパワーをもつごく一部の人材に頼らなくてもよい会社を作ることに力を入れるべき』

ということです。

 

簡単に言えば、あなたの店で1番指名が多いスタイリストが突然辞めてもなんともない状態を作るべきだと言うことです。

 

パレートの法則があります。

八割二割の法則ですね。全社員のうち、優秀な人材は二割と言えます。

 

これを違う視点で考えると、経営者は他の八割のスタッフで運営が成り立つようにしておくとよいわけですね。

 

ビジネス的な目線で言えば、

 

超一流を育てる教育システム

 

よりも

 

普通のスタッフが数字を出せる運営システム

 

のほうに力を入れたほうがよいということです。

 

ぜひ、一度考えてみましょう。

 

あなたの店で売上を出してるトップの二割のスタッフが突然辞めた場合、赤字にならない状態ですか?

運営は成り立ちますか??

 

優秀な二割の人材を五割にするのはかなり大変です。

他の八割の人材だけで運営できる仕組みづくりにこそ、経営者の能力が問われてくるのではないでしょうか??

 

そこに美容室の長期繁栄のヒントがあると思います。

 

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*