美容師の年間休日の多い美容室は繁盛する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容師さんの年間休日は少ない事で有名です。

例えば・・

■月6回×12ヶ月=72日

これに少し、有給などいれても100日以下の美容室が多いと思います。

あなたの美容室はいかがでしょうか??


 

私の経営する美容室は年間休日は余裕で100日以上あります。

■完全週休二日制×52週=104日

それにプラスでお盆正月の連休、有給休暇年間12日以上、他に慶弔休暇など・・

 

もちろんスタッフは休みが多い方がいいですよね。

では、美容室経営者としてはどうでしょうか??

 

・・・・

・・・・

・・・・

 

実は、美容室経営的にも休みをたくさんあげるほうがメリットがあります。

休みが多くて困る事は目先の売上が減ることだけだからです。

 

メリットを上げると、

■スタッフが定着する

■休日が充実する事で、仕事のモチベーションが上がる

■求人が集まる

短期的な目線でみればあまり休んでほしくはありませんが、長期的な目線ならばどんどん休ませるべきなのです。

 

ならば、はじめから

『休みが多い中で、いかに売上を上げるか』に着目した方が効率的ではないでしょうか?

 

「売上が上がってから休みを増やそう!」

ではなく、

「休みを増やしてから、売上を上げる方法を考えよう!」

が、結果的に繁盛するサロン経営につながります。

 

仕事で成果が出せる人は、たいてい遊び上手ですからね。

休日の充実度と仕事の成果というのは比例してしまうのです。

 

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*