セミナーできちんと「成果」につなげるコツとは?美容室経営者の正しい学び方

最近、美容室経営者のブログを拝見していると、

「今日はセミナーに参加しました!」

「今日も勉強になりました!」

というような「勉強してる系記事」をよく見かけます。

 

勉強熱心なのは大変素晴らしいのですが・・・

中には、学ぶことそのものが目的化してしまっている経営者もいるように感じます。

 

当たり前ですが、学んだことはしっかり「成果」につなげなければなりません。

経営者としての成果とは、ざっくり言えば「利益」です。

 

よくいる「セミナー愛好家(評論家)」にならないために、

【しっかり成果を出すための経営者の学び方】

をお伝えしたいと思います。

 

ブログで発信するならアウトプットが基本

学んだことを発信するならば、基本的にはアウトプットです。

そもそも、 「インプットしました!」 という発信はアウトプットではありません。笑

 

学んだことは、自分のフィルターを通して言語化し、誰かに伝えるつもりで発信しましょう。

ブログであれば、たとえ多少の知ったかぶり風な発信でも構わないと思います。

きちんと「自分の表現」で発信すれば、ある意味それはもう自分のコンテンツですから。笑

 

自分の「行動」にフォーカスする

経営者に必要なのは、うわべだけの知識やノウハウではありません。

やはり、素直に動ける行動力です。

行動した結果を持って、やっと知識として身につくからです。

 

あなたにとって、

【知ってるか?知らないか?】

が重要なのではありません。

 

何かを学ぶ時は、

【それは実際に行動したことがあるか?】

【どこまでそのまま行動しているのか?】

など、自分の「行動」にフォーカスしてみましょう。

 

どんなにすごい知識を持ってようが、結局は

「行動しなければ成果には繋がらない」

ということを理解しなければなりません。

 

腑に落ちない話にこそ価値がある

勉強していると、

「それは自分は違うと思う」

「それは自分には無理だなぁ」

など、イマイチな話があると思います。

 

それをそのまま流してしまってはいませんか??

実はそんな部分こそ、大事なポイントだったりします。

なぜなら、

【自分の思考の範囲内で動いてきた結果が今の自分】

だからです。

 

腑に落ちる話ばかりを受け入れているようでは、

「自尊心を満たすこと」

にしかならないということ。

腑に落ちない時こそ、大きく学べるチャンスなのです。

 

セミナーにしろ本にしろ、きちんと学べば「行動すること」が見えてきます。

すると、行動するための「時間」が必要ですから、アレコレと別のセミナーに参加しているヒマなどないはずなのです。

 

さらに、経営者の時間の使い方は利益に直結します。

「セミナー評論活動」で時間を奪われないためにも、もう一度「学び方」から見直してみてはいかがでしょうか??

 

正しい「行動」をすれば、利益を出すのはカンタン

私のセミナーはノウハウの提供よりも「行動」にフォーカスしています。

そのため、利益に直結します。

私のセミナーに参加された方は、わずか数ヶ月でこのような成果を出していただいています。

IMG_7456

 

次回セミナーは未定ですが、LINE@のお友達に優先案内をしています。

PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

 

※ご相談内容はプライバシーを保護した上で、SNSなどで公開させていただく場合がございます。ご了承の上ご相談ください。 IMG_7513

関連記事

オーディオブック無料配布中!

脱・職人アカデミー主宰/鈴木和敏

200

最近の活動状況なども発信している個人ブログはこちらです。

脱職人経営の鈴木(公式サイト)

カテゴリー

Facebookではライブ配信もやってます。