美容室の利益を上げるために経営者が取り組む仕事は「集客」よりも「単価アップ」が先。その理由とは・・・?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室経営者として、必ず出てくるご相談は「集客」のお悩みです。 

「何かよい集客方法はありませんか?」

「コストをかけずに新規集客したいのですが・・・」

もちろん、お客さんが集まらないとビジネスは成り立ちませんから、集客を考えることは美容室経営者としてごくあたりまえですね。

 

しかし、集客に取り組むことが【利益】が増える最短の仕事か?というと、答えはNOです。

実は【客単価の改善】が、まず先に取り組むべき経営者の仕事になります。

 

今回は、美容室の利益を増やすために「単価アップが先である理由」をかんたんに説明したいと思います。

 

コストや労力が抑えられる

クーポンサイトの広告料もどんどん値上がりし、新規集客にかかるコストは膨れ上がる一方です。

新規集客には金銭的なコストがかかります。

また、たくさんの労力も必要になります。

 

例えば、100円で10円の利益が出る商品を100個売っていたらどうでしょう?

■200個売るのも利益2倍

■110円に値上げするのも利益2倍

 

さて、どちらの労力が少ないでしょうか??

説明するまでもないと思います。

 

お客さんの質が高くなる

客単価が上がると顧客の質も良くなります。

例えば、単価の安いドンキ◯ーテの客層と単価の高いブランドショップ。

価値を考えずにやたら値下げを要求したり、対応に文句をつけたがるお客さんはどちらが多いでしょうか??

 

また、高単価のお客さんは「価値」にお金を払っていますから、自然とリピート率も高まります。

そもそも、客単価が高いお客さんを増やすことで

「サロン経営は安定化する」

ということが言えるのではないでしょうか?

 

サロンの価値が上がる

客単価を上げるためには、お客さんに「価値」をしっかりお伝えしなければなりません。

自社の価値を見直すことにより、単価を改善するわけです。

価値が伝われば、口コミや紹介への期待値もあがります。

もう新規集客も値引きクーポンに頼らなくても良いかもしれませんね。(笑)

 

客単価を改善し『あなたのサロンの価値を高める』ことで、結果的には集客もしやすくなることにつながるのです。

 

そもそも、経営者は利益を出すのが仕事なはずですよね?

ならば、客数、客単価、来店回数(リピート)のどれを改善してもよいわけです。

となれば、上記の理由でまずは客単価の改善に取り組むことがオススメ。

順番で言えば、集客は一番最後になります。

 

もし、あなたのお店が「ザル」の状態では、どんなにたくさん水を入れてもいつまでも水はたまりませんよね?

しっかりとした「バケツ」ならば、少量の水でもバケツいっぱいになってしまうのではないでしょうか?

 

まずは客単価やリピートの改善をして、先にサロンの基盤を固めること。

集客ばかりを考える前に、客単価の改善から見直てみてはいかがでしょうか??

 

美容室経営のご相談はLINE@で

現在私のLINE@では経営相談を無料でお受けしています。

PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

※ご相談内容はプライバシーを保護した上で、SNSなどで公開させていただく場合がございます。ご了承の上ご相談ください。

 

■参考記事
【「この度、5人の美容師が全員辞めることになりました」という美容室経営者さんからのご相談。】

IMG_5219

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*