美容室経営者の「思考系」の仕事効率を上げるための3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室経営者に限らず、仕事はたいてい2種類に分けられます。

それは「作業系の仕事」と「思考系の仕事」の2種類です。

 

作業系の仕事は「現在業務」と言い換えてもいいかも知れません。

これは頭よりも手を動かさないといけないような、今やらなきゃいけない感じの仕事です。

それに対して、思考系の仕事は「未来業務」とも言えます。

 

将来の売上を構築するためのアイディアや、向かうべき未来のイメージを整理することなど、どちらかと言えば手より頭をフル回転させるような仕事のことです。

経営者にとって、どっちが大事かと言えば・・・

やはり「未来のこと」を考える仕事ではないでしょうか?

 

今回は、思考系の仕事を効率よくするために私が良くやっているオススメな方法をご紹介します。

 

集中できる(しやすい)環境を作る

まず取り入れたいのが、集中できる環境づくりです。

私はこれがなかなかできませんでした。

 

例えば、

・スマホの電源はオフにする
・誰かが突然入ってこない場所にする
・50分で休憩を入れる

などです。

 

近場でもいいので、ビジネスホテルなどにこもることなどもおススメします。

または、スタッフが出勤する前(または帰った後)の事務所などもいいかも知れません。

とにかく邪魔されるものはシャットアウトすることをやってみてください。

 

また、集中は長く続かないので休憩を挟むことも大切です。

タイマーなどを設置し、50分でいったん切るのもダラダラ続けるより効率が良くなることが多いです。

 

広めのキャンパス(吐き出し先)を活用する

アイディアの吐き出し先は大きければ大きいほど、アイディアも広がりやすくなると言われています。

例えば、ノートなら普段使っている手帳サイズではなく、アイディア出し専用でA3ノートを用意するなどです。

 

事務所であればホワイトボードを活用したり、あるいは床一面にキャンパスを用意するなども良いかも知れません。

スケッチブックなども一つの手です。

騙されたと思って、ぜひ、大きなノートを活用してみてください。

 

アイディアは1つずつふせんに書き出す

また、私が良く使うのは「ふせん」です。

スケジュールはもちろん、細かなタスクや大きめなテーマまで、1つずつふせんに書き出します。

ふせんに書き出した後は、並べて優先順位をつけたり、整理するのもスムーズになります。

 

私の場合は仕事に限らず、プライベートのタスクも含めてふせんで管理するようになり、ふせんを常に持ち歩いている状態です。

これらは、私が脱職人するにあたり、経営者業務を行う時に意識してきたポイントにななります。

 

ちなみに・・・

サロンワークは現在業務です。

 

経営者として、未来業務にはしっかり向け合わないといけません。

未来のサロンをつくるためにも、上記のポイントを参考にしていただき、思考系の仕事の効率化を考えてみてください。

 

無料コンテンツをプレゼント中です

私のLINE@に友達追加で、以下の無料コンテンツをGETしてください。

「攻略!インスタ集客(初級編)」

「メニュー構築テンプレート(技術単価18000円参考付き)

「行動改善シート

「長期目標シート

「ペルソナシート(テンプレート)」

※プレゼントの活用方法はこちらの書籍でもご案内しています。

http://amzn.to/2s4wYXk

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*