美容師の営業時間外拘束問題を解決する方法

私のまわりでも、美容師さんの時間外拘束はいまだに普通に行われています。

練習会や、メーカーさんの講習会などですね。

 

プロとして、技術練習だからそんなの当たり前という経営者さんも多くおられます。

技術者たるもの、『一生勉強』なので時間外に練習や勉強をする必要性は私も当然理解できます。

 

ただ、私が問題視しているのは、


 

それは自主的な練習なのかどうか?

 

という部分です。

 

例えば、イチローは練習の鬼だと思います。

でも、球団の指示範囲ではないですよね?

 

会社は社員の自主性を尊重しなくてはならないのです。

 

また、

『プライベートの時間からこそ多くを学べること』

も時間外拘束をしないほうがいいということも理由のひとつです。

 

一日8時間も職場にいたら充分ではないでしょうか。

 

そんなに技術のことばかり考えても、集中力が続かないと思います。

 

なので、私の経営する美容室では営業時間内に講習会を実施しています。

 

IMG_6932

 

 

すると、営業後の疲れた状態とは違うため、

スタッフの集中力も高く、講師の方にもたいへん喜ばれます。

 

スタッフの仕事に対するモチベーションも上がります。

 

結果、サロンワークでの労働生産性も上がっていくのですね。

 

ぜひあなたのサロンでも試していただきたいと思います!

 

関連記事

オーディオブック無料配布中!

脱・職人アカデミー主宰/鈴木和敏

200

最近の活動状況なども発信している個人ブログはこちらです。

脱職人経営の鈴木(公式サイト)

カテゴリー

Facebookではライブ配信もやってます。