美容室のメニューや価格を定期的に「見直し」をする意味とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月から消費税率が変わります。

皆さんの美容室ではどのような対応をされますでしょうか??

 

■税込み価格(内税)としてそのまま据え置く

■メニューはそのままで、消費税率8%(外税)

■メニューの見直し(価格改正)をし、値上げを行う

 

お客様のご負担を減らすということで、内税のまま「据え置き価格」をお考えでしたらちょっと危険です!


それは値引き戦略と変わらないことになってしまうからです。

 

資金力がある『大手』ならまだしも、

 

小規模ヘアサロンが提供するお客様への価値が「価格の安さ」となってしまってはいけないのです。

 

 

売上げアップの法則

 

美容室の売上げは

『客単価』×『客数』×『来店周期(リピート率)』

でなりたっています。

 

この3つの数字を伸ばせば売上げは上がるのですが、なかでも一番最初に取組むべきことが『客単価』のアップです。

 

○単価が1万円の場合

10人の新規集客 = 売上げ10万円

 

○単価が5000円の場合

10人の新規集客 = 売上げ5万円

 

同じ数の新規にご来店いただいても、このように売上げとしては半減してしまうわけです。

 

1、単価アップ

2、来店周期(リピート率)アップ

3、客数アップ

 

このような順番で取組むことが大切になってきます。

集客にあの手この手を使うよりも、まず先に客単価を上げることが売上げアップの近道なのです。

 

 

客単価を上げるために効果的なことこそ『値上げ』

 

単価を上げたいときに、考えられる方法はいくつかあります。

 

■付随したメニューをおすすめしていく『クロスセル』

ハンバーガー屋さんで言う「ポテトいかがですか?」というプラスαの方法です。

 

■ワンランク上のメニューをおすすめする『アップセル』

上級のトリートメントコースなど、ランクアップをアプローチする方法です。

 

■メニュー構成の見直し(高単価メニューの追加)

高単価メニューを作るなど、メニュー自体を見直します。低価格のメニューがなくなるなどで、必然的に単価を上げます。

 

■基本メニューを値上げ

カットなど、基本的なメニュー自体を値上げします。強制的に単価を上げます。

 

 

一番効果が早いのは、「値上げ」や「メニューの見直し」になります。

繁盛店というのは、必ず定期的に値上げを行っています。

 

 

「値下げ」でつぶれた店は多く聞きますが、「値上げ」でつぶれるお店は実はなかなかありません。

必要なのは、オーナーさんの決断です。

 

ぜこの機会に、料金やメニューの見直しを行ってみてはいかがでしょうか??

 

 

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*