美容室経営者の生産性を高める仕事術。「シンプルワーク」がオススメな理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いまやスマホもPCもマルチタスクが主流です。

時代はマルチタスクと言えますね。

そして、美容室経営者もマルチタスクならぬ、マルチワークが主流です。

サロンワークをしながら、経理事務をこなし、スタッフマネジメントをして、経営戦略を練る。。。

あなたも、1人で何役も仕事をこなしているのではないでしょうか??(私自身もそうでしたが、、、)

確かにマルチに仕事をこなすことは可能ですし、素晴らしい才能であり能力です。

しかし、美容室経営者がサロン経営において、 【もっとも重要な仕事】 に絞って、仕事に取り組むことができたらどうでしょうか??

今回は、私が美容室経営者に「シンプルワーク」をオススメする理由をあげたいと思います。

 

仕事(プロジェクト)一つに対する集中力が上がる

あたりまえですが、仕事の数(プロジェクトの数)は少ない方が多くの労力を投下できます。

そして、当然少ない方がより集中力を高めることができますよね。

プレイングマネージャーをプロ野球に例えれば、選手としてトレーニングをしながら、監督業と球団オーナー業をするようなものです。

(ちょっと規模がデカすぎる例ですが・・・)

あなたにとっても、仕事の数は少ない方が、一つ一つにもっと集中できるのは間違いないと思います。

 

自分(美容室経営者)の時給が上がる

仕事をシンプルに選んでいくクセがつくと、必然的に【本質】に迫った仕事に厳選されていきます。

パレートの法則で言えば、現在の自分の仕事の2割くらいで、8割の成果を上げているとも言えます。

仕事の時間をその2割に絞ることで、自分の時給は最大化すると考えることができますね。

より本質に迫った仕事にすることで、自分の時給を上げることが可能になります。

 

スタッフ(美容師)の活躍の場が増える

経営者が仕事を絞れば、他の仕事を任せる必要が出てきます。

経営者のあなたがサロンワークを離れれば、セットイスが一面空きますから、スタッフが活躍できる場ができるはずです。

マネジメントを任せれば、幹部社員が育ちます。

もし、経理事務を任せれば、美容師以外の雇用を生み出すことも可能になりますね。

仕事はどんどん任せることで、よりスタッフの活躍の場も成長も期待できるのです。

 

いかがでしょう?

このように、経営者がより重要なワークやプロジェクトに絞って労力を使うことで、生産性が高まります。

また、シンプルに仕事を絞っていくことで、経営者の時間に余裕も生まれます。

 

現状、美容室経営者はマルチワークをこなす優秀な方は非常に多いです。

美容室は、8割が個人経営(スタッフ5人以下)と言われていますから、今回の話は少し無理な話かもしれません。

しかし、ぜひ少しずつでも今からはじめてみてはいかがでしょうか?

経営者の働き方を変えることこそが、なによりも一番早く生産性を上げることができるのです。

スクリーンショット 2015-08-18 02.20.24

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*