値上げをせずに美容室の顧客単価を上げる簡単な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室においても、顧客単価を上げる方法で1番早いのが、価格の値上げです。

しかし、価格にシビアなお客さんは多く、なかなか値上げに踏み切れないケースが現実的な問題であることは私自身も理解をしています。

(よくそのようなご相談をたくさんいただきます)

 

そこで、値上げをせずにスマートに単価を上げるためにオススメな方法をご紹介します。


 

それは、ハイグレードでスペシャルなコースメニューを用意することです。

 

オプションで何かをつくり、それをアプローチする形ではなく、コースメニューとして新たにスペシャルメニューをつくるのです。

 

例えば、ホテルで言うと「スイートルーム」を用意する形ですね!

 

そして、既存のお客さんに

「スイートルーム(スペシャルコースメニュー)もご用意しております!」

とお伝えしましょう。

 

必ず一定の割合でご利用されるお客さんがおられます。

 

無理に追加メニューを進めると、どうしても売り込み感が出てきます。

プラスアルファとして何かを進めるよりも、スマートかつ高確率で上位メニューを選んでいただけます。

 

あなたのお店の、超豪華でとっておきのスイートルーム(スペシャルコースメニュー)はなんですか??

 

ぜひ、あなたのお店でも「究極のハイグレードメニュー」を用意してみてください!

 

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*