美容室でもお客さんを『ランクわけ』した方がいい理由

『お客様はすべて平等に同じ対応する』

一見、すじが通っていて誠実な感じがしますが、実は好ましくはありません。

お客さんにも種類があります。


 

◼︎あなたにめちゃくちゃ利益をもたらすお客さん

◼︎あなたにけっこう利益をもたらすお客さん

◼︎あなたに少し利益をもたらすお客さん

◼︎あなたにほとんど利益をもたらさないお客さん

 

お客さんとはいっても、さまざまです。

同じ対応はむしろ不平等になってしまいますね。

 

『お客様を区別する』という必要性があるのです。

クレジットカードもサービスを区別していますよね。

ゴールド、プラチナ、ブラック

飛行機や新幹線も。

エコノミー、ビジネス、ファースト

 

上位のお客さんほど、手厚い対応がついてきます。

上位のお客さんとは、あなたにもたらす利益額の多いお客さんです。

 

美容室ならば、来店回数だけではわかりませんので、
年間売上から算出するようになります。

 

あなたの美容室ではいかがでしょうか?

新規集客も大切ですが、既存客も大切です。

 

お客様はけっこう浮気者ですからね(笑)

ロイヤルカスタマーへの手厚い対応を見直すことも大切だと思います。

関連記事

オーディオブック無料配布中!

脱・職人アカデミー主宰/鈴木和敏

200

最近の活動状況なども発信している個人ブログはこちらです。

脱職人経営の鈴木(公式サイト)

カテゴリー

Facebookではライブ配信もやってます。