スタッフの成果が伸びない理由は美容室経営者にある!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーナースタイリストとしてサロンの売上が順調に伸びてきたら、次のステップは

「スタッフに自分の売上を越えてもらうこと」

です。

 

しかし、なかなか思うようにスタッフの成果が伸びずに悩まれることがあると思います。

もちろん、私自身もそうでした。

「なぜいつまでもそんな数字しか出せないのか?」

「なぜもっと美容師として成長してくれないのか?」

 

美容師としてあなたが優秀であればあるほどぶち当たる最初の大きな壁です。

正直、ストレスで夜も眠れませんね。

 

では、そんな場合に「経営者」としてはどのように考えたらいいか?

今回は、そのポイントを3つに絞ってお伝えします。

 

オーナー採点は60点主義に

美容師として優秀なあなたは、スタッフに求める美容師レベルはとても高い基準を提示していると思います。

ゆえに、ガンガンお客さんを任せることが出来ないというケースです。

 

しかし、現実的にオーナー基準では80点すらクリアさせるのは難しいのではないでしょうか。

そもそも、採点するのは顧客であり、オーナーさんではありません。

 

つまり、顧客基準の方が大切。

また、オーナーさんのコピーづくりがサロン経営ではありません。

 

オーナー基準の60点以上に関しては、スタッフ個人の成長に期待し、過度な負担を軽減してみてはいかがでしょうか?

意外とオーナー基準の60点は、顧客基準の80点は軽くクリアしていたりするケースもあるのです。

 

成果ではなく行動を管理する

私もそうですが、スタッフの個人実績に対しては、言いたいことはたくさんあるでしょう。

しかし、指導すべきは成果ではなく「スタッフの行動内容」です。

 

成果を改善するには、

◼︎どの行動が間違っているか?

◼︎どんな行動に変えればいいか?

◼︎やれていない行動はなにか?

といった行動内容を改善しなくてはならないのです。

 

自己啓発系の指導をして、意思やモチベーションなどの精神論を語っても仕方ありません。

経営者としては、スタッフのやるべき行動を具体的にして動きやすいようにサポートをしていく必要があるのです。

 

個人能力ではなくシステムにフォーカスする

もちろん、美容師としては常に個人能力の向上に努めなければなりません。

しかし、経営者としてはフォーカスするのは個人能力ではないのです。

 

あくまで、

【美容師さんの成果の成果が出やすいサロン環境づくり】

が経営者の仕事です。

 

実際、一流の会社は、一流の人材しか会社にいないわけではありません。

何が一流かと言えば、アルバイトなどの三流の人材でも一流の成果を出せるような「環境や仕組みが一流」なのです。

 

いかがでしょうか?

職人経営を抜け出して、次のステージに上がるためにも…

スタッフの個人能力に依存せず、成果が出やすいサロンづくりをしていきましょう。

 

チェックリストを無料配布します

脱職人経営をテーマに立ち上げた、SBA(サロンビジネスアカデミー)では、ノウハウのリスト化を進めています。

その一部要点だけを一枚のPDFにまとめた、

「脱職人経営チェックリストver.1.2」

を今だけ無料で提供しています。(期間限定)

 

本気で欲しい方のみ、LINE@にご登録ください。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*