美容室でもお客さんを『ランクわけ』した方がいい理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『お客様はすべて平等に同じ対応する』

一見、すじが通っていて誠実な感じがしますが、実は好ましくはありません。

お客さんにも種類があります。


 

◼︎あなたにめちゃくちゃ利益をもたらすお客さん

◼︎あなたにけっこう利益をもたらすお客さん

◼︎あなたに少し利益をもたらすお客さん

◼︎あなたにほとんど利益をもたらさないお客さん

 

お客さんとはいっても、さまざまです。

同じ対応はむしろ不平等になってしまいますね。

 

『お客様を区別する』という必要性があるのです。

クレジットカードもサービスを区別していますよね。

ゴールド、プラチナ、ブラック

飛行機や新幹線も。

エコノミー、ビジネス、ファースト

 

上位のお客さんほど、手厚い対応がついてきます。

上位のお客さんとは、あなたにもたらす利益額の多いお客さんです。

 

美容室ならば、来店回数だけではわかりませんので、
年間売上から算出するようになります。

 

あなたの美容室ではいかがでしょうか?

新規集客も大切ですが、既存客も大切です。

 

お客様はけっこう浮気者ですからね(笑)

ロイヤルカスタマーへの手厚い対応を見直すことも大切だと思います。

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*