美容室で次回予約をいただくための3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は次回予約をいただくためのメリットについてお伝えしました。
※前回の記事はこちら

 

今回は、それを踏まえて次回予約をいただくための方法をお伝えします。

 

ポイントは三つだけです。


 

◇賞美期限をお伝えする

 

お客様のメリットをお伝えする

 

お客様のデメリットを解消する

 

 

 

◆賞美期限をお伝えする

 

今回のスタイルはいつ頃手入れが必要になるか具体的にお伝えします。

 


今回はショートスタイルなので、一ヶ月後にはこの辺が気になってくると思います。
一ヶ月後の手入れがオススメです!

 


一ヶ月後にはおよそ1センチ根元が伸びます。
今回はハイトーンなので、一ヶ月後にリタッチするとキレイを維持できますよ!

 

など、
どのくらいの時期に
どう変化して
どのような手入れが必要か

 

これをお伝えし、賞美期限を把握していただきましょう。

この時点で次のご来店をイメージしてもらうことが大切になります。

 

 

◆お客様のメリットをお伝えする

 

なぜ次回予約がいいのかというメリットをお伝えします。

 


直前予約だと、予約したい希望日時に混雑してるなどでのお客様自身のスケジュールの混乱を防げます!

 


キレイなスタイルを常時キープすることができますよ!

 

こちらの都合ではなく、お客様にメリットがあることをお伝えしましょう。

 

 

◆お客様のデメリットを解消する

 

その上で、次回予約のデメリットをなくしてあげることがポイントです。

 

キャンセルが面倒な方

例 
キャンセルは無料ですので、お気軽にご連絡ください!
キャンセルする手間よりも予約する手間がなくなるほうが楽ですよ〜!

 

先のスケジュールがわからない方

例 
忙しい人ほど、次の予約を入れていただいてますよ!
仮に来れそうな日はございませんか??

 

などですね。

 

 

次回予約を『次回来店のお約束』と固く捉えてしまうと、
お客様も構えてしまいます。

はじめは、気軽な感じでアプローチしてみることをおすすめします。

 

 

何度も言いますが、

 

次回予約は美容室側よりもお客様にメリットがあります。

 

次回予約はとるものではなく、いただくもの。

 

次回予約をいただける仕事をぜひ心がけしていきましょう!

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で6店舗の小さな美容室を展開し10年以上、前年比約120%の売上アップを継続中。 スタッフ一人当たりの労働生産性は年間1000万円を越える。 現場をスタッフに任せても安定して「億越え」する美容室経営をテーマに、【利益率の高い美容室】【離職率の低い美容室】を構築したい方へのサポートを中心に活動。 信条は「スタッフは経営者にとっての最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*