美容師がお客さんとつながるなら「個人のLINE@」がオススメ。LINE@を仕事に活かすポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINE@はFacebookと違い、素性を明かさず「つながる」ことができます。

そのため、フォローする側は気軽につながることが可能になります。

 

今回は、美容師がお客さんとつながり、信頼関係構築のツールとして、これからLINE@の活用をお考えの美容師さんへ、簡単にポイントをお伝えします。


 

美容師個人のLINE@では、コミュニケーションをメインに

LINE@の魅力は手軽なコミュニケーションが可能なことです。

美容師からの一方通行な発信にならない工夫が必要です。

キャンペーンの告知ばかりを発信せず、なるべく受け取る側が返したくなるメッセージ配信がベターです。

 

相手からの絡みがなくても読んでる率は高い

LINE@のメリットは、なんといっても高い開封率です。

読み手がいつも手にしている「スマホ」にプッシュ通知されるので、基本的にはかなりチェックされています。

あまりレスポンスがないとしても、ブロックされていなければ、目を通していただいてる可能性は高いです。

メルマガと比べてもLINE@の開封率は高く、とても魅力的な特徴と言えます。

ブロックされていない限り、とりあえず閲覧されていることを認識し、レスポンスがなくてもあまり凹まないで配信しましょう。

 

長文よりも短文

LINE@は、手軽さにこそ魅力があります。

長くて難しい文面はやめて、さらっと短くまとめましょう。

できれば長文はブログなどにまとめ、LINE@は

一言+URL

で簡素化するのがオススメです。

 

LINE@では意外な方がお友達になっているかも!?

LINE@では「友達の数」はわかりますが、「友達が誰か?」までは絡んでいただかない限りわかりません。

逆に言うと、意外なあの人…も?友達になっている場合があります。

私も、はじめて絡んでいただいたと思ったら、かなり美容業界では有名なカリスマ美容師さんだと知り、ちょっとビビるケースが何度かありました(笑)

人数が増えたら、より意識して「絡んでもらうこと」がオススメです。

 

以上、今回は美容師の個人LINE@活用ポイントを少し挙げました。

次から次にいろんなツールが出てきますね。

 

それぞれ特徴を抑えながらうまく活用することで、美容室経営に役立つことになるはずです。

あなたのサロンでも、うまく取り入れることを考えてみてはいかがでしょうか??

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*