美容室でのLINE@活用法。店舗アカウントより個人アカウントの活用がおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、LINE@の個人利用が可能になりました。

http://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2015/937

LINEでは、これまで法人・著名人向け「LINE公式アカウント」を除き、家族や親しい友人・同僚とのクローズドなコミュニケーション用途に限定していましたが、このたびプライベートでの利用を目的とした「LINE」アカウントとは別に、法人・個人問わず、あらゆるユーザーがコミュニケーション・ビジネス用途で活用できる公開型アカウント「LINE@」の提供を開始いたしました。

 

これにより、例えば、店舗・施設・ブランド・メディア・EC事業などの情報発信や、顧客・取引先との連絡、サービス利用予約などビジネスシーンでの利用、フリーランスで活動しているデザイナー・アーティスト・読者モデルなどにおけるファンとのコミュニケーションなど様々な用途でLINEを活用できるようになります。

 

アカウントの開設・利用は本日公開した「LINE@」アプリを通じて行うことができ、当該アプリを通じてフォロワーへの一括送信、1:1トーク、ホーム/タイムラインへの情報発信などが可能です(LINEユーザーは従来どおり、LINEアプリ上にて「LINE@」アカウントの友だち追加や当該アカウントのメッセージ受信を行うことができます)。さらに、複数のアカウントを所有することも可能なため、活動ごとにアカウントを作成できます。

 

以前のLINE@は店舗アカウントしか活用できませんでしたが、この個人利用の解放により、かなり活用の幅が広がると思います。

LINE@はクローズドなコミュニケーションがとれるため、顧客や見込み客とより親近感を持っていただくことに活用できるのではないでしょうか??

これは、ぜひスタイリスト個人がアカウントを持ち、顧客や見込み客と友達になることがおすすめです。

店舗アカウントはただの宣伝ツールになりがちですが、個人アカウトになるとコミュニケーションツールとして大いに活用できることが考えられるからです。

LINEatImage1

美容室では、美容師個人が商品です。

美容師個人に対して、お客さんからの信頼をいただくことがベストだからです。

 

経営者の観点で気をつけたい点は、アカウント名にサロン名を入れて活用することでしょうか。

例)田中太郎@店舗名

※現在、LINE@のアカウント名は変更不可能となっています。

 

<LINE@活用のメリット>

▪︎サロン情報などは一括で送信できる(メルマガ風に使える)

▪︎問い合わせは個別対応できる(普通のLINEのように使える)

▪︎個人情報は知られず友達になれる(Facebookより気軽)

▪︎とにかく開封率が良い(メルマガより開封スピードもはやい)

▪︎スタイリストと顧客(見込み客)とのコミュニケーションツールに最適

 

とくに個人経営の方は、ぜひ「個人アカウント」で顧客(見込み客)とつながることがおすすめです。

名刺や、HP&ブログなどで告知をして、顧客(見込み客)とつながり、信頼構築のコミュニケーションに活用してみてはいかがでしょうか。

 

P.S

ぜひ私とも絡んでくださいww

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

↑スマホから友達登録お待ちしています!

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*