小さな美容室は「価格競争」ではなく「価値競争」へ

近年の美容業界は1000円カットが登場して以来、価格競争が激化してきました。

カット1000円

カット3000円

カット5000円…

 

同じ『髪を切る』サービスでも、現在はさまざまな価格があることになります。

 

しかし、小さなサロンはこの価格競争に参加してはいけません。


小さなサロンが立つべきステージは、『価値競争』です。

 

それは、『髪を切る』というニーズ(必要性を満たすサービス)に応えるサロンではなく、

 

『キレイになれる』

 

『若返れる』

 

『快適に過ごせる』

 

などのウォンツ(欲求を満たすサービス)に応えるサロンになるということになります。

 

ニーズに対してお金を払う場合、所得によって顧客は制限されてしまいます。

しかし、ウォンツに対する価値は大きいため、所得による壁はなくなってきます。

 

『髪がツヤツヤでキレイになる美容室』

 

『家族に5歳若返ったと言われる美容室』

 

『プレミアムな時間を快適に過ごせる美容室』

 

あなたのサロンで提供できる価値(ウォンツ)を見つけて、価格競争から価値競争へステージを変えましょう。

 

小さなサロンには、大きなサロンにはマネできない『潜在的な価値』が必ずあるのです。

 

必要なのは、『あなたのサロンの価値の顕在化』です。

価格競争とは無縁のステージをつくっていきましょう!

 

関連記事

オーディオブック無料配布中!

脱・職人アカデミー主宰/鈴木和敏

200

最近の活動状況なども発信している個人ブログはこちらです。

脱職人経営の鈴木(公式サイト)

カテゴリー

Facebookではライブ配信もやってます。