今後の美容室に必要なメニューは「エイジングケア」

20年前はトレンドヘアの時代でした。

流行りのスタイルづくりなど、トレンドに敏感な美容室が人気を集めましたね。

 

まさに、カリスマ美容師が流行った時代です。

売れる美容師ならばパーマやカラーは必須メニューの時代でした。


 

 

そして、ここ10年はダメージケア、ダメージレスの時代。

いかにダメージをケアしていくか、また、ダメージレスでのスタイルづくりをしていくかが主流ですよね。

 

売れる美容師は、パーマやカラーはダメージを抑えつつ、しっかりとケアを提案する時代。

 

 

そしてこれからはアンチエイジングの時代です。

 

少子高齢化はどんどん加速し、お客様はバンバン若さを求めます。

それは見た目のデザイン的な、ヘアスタイルでの若作りではありませんよ(笑)

髪という素材自体をエイジングケアするということ。

 

となると、売れる美容師は、パーマやカラーはオススメしない時代になりますね。

いかにパーマがいらないカットを提案できるか?

 

もうトリートメントの需要も減るのではないでしょうか??

 

ダメージレス、ダメージケアメニューが主力の時代から、

エイジングケアメニューが主力に変わります。

 

美容師としてどんなエイジングケアを提案できるか?

 

 

◆昔 髪をデザインする美容室

  ↓

◆今 髪のダメージをケアする美容室

  ↓

◆今後 髪を若返らせる美容室

 

 

これからの美容室のメニューに必要なのは、エイジングケアメニューなのです。

 

ぜひ、取り入れていきましょう!

関連記事

オーディオブック無料配布中!

脱・職人アカデミー主宰/鈴木和敏

200

最近の活動状況なども発信している個人ブログはこちらです。

脱職人経営の鈴木(公式サイト)

カテゴリー

Facebookではライブ配信もやってます。