リアル口コミを加速させる二つの小ネタ(コストゼロ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は、美容室経営における『リアル口コミの重要性』について簡単にまとめましたが、

今回はちょっと使える小ネタをお伝えしようと思います。

 

コストゼロで簡単に取り組めますので、明日からすぐに試してくださいね。


 

まずは、一つ目。

 

◎ヘアスタイルが仕上がったら、お客様の携帯で写真を撮ってあげる

 

これはかなり使えます!きれいになったベストな状態をベストな角度で撮影してあげましょう。

ポイントはお客様の携帯で撮るということです。

 

お客様は誰かに撮ってもらうのも恥ずかしいし、自分撮りなんかもうまく撮れないことが多いからです。

でも、美容室できれいになったベストな状態を美容師さんがいい感じで撮ってあげればどうでしょう?

はい。永久保存版確定です!(笑)

 

ケータイの保存版になれば、友達や家族に見せたりすることもあるでしょう。ここで口コミが加速します!

 

TwitterやBlog、Facebookなどへの投稿なども期待できますね。

 

 

 

二つ目。

 

◎紹介カードをお渡しするときには、誰に渡せるか聞いてみる

 

これは、紹介カードなどをお渡しする際のちょっとした小技ですね。

紹介カードは意外と誰かに届く前に「ゴミ箱行き」の可能性があります。

『お友達に渡してください』とだけ言って、なんとなくお渡ししてる場合は特にそうですね。

 

紹介カードを渡す際は、誰に渡すかということをイメージしてもらったり、

こちらから渡す人を指定してしまいましょう!

 

例えば、担当者やサロンコンセプトが、縮毛矯正が得意という場合は

 

『くせ毛で困ってるお友達はいますか??』

 

と誰に渡せるかを一言聞いてみるんです。

そこでお客様は一度紹介カードを渡す人をイメージしてくれます。

ここが大事なんですね。

『いないかも。。』とかイメージしてもらえなかった場合は、そのお客様に紹介カードを渡してもゴミ箱行きです。

 

『あ、友達(○○さん)が悩んでます!』

 

と回答がくれば、OKですね。

すかさず、

 

『ではそのお友達(○○さん)に必ず渡してくださいね〜』

 

と渡す人を指定してしまいましょう!

 

これだけで、ゴミ箱行きの確率はグッと下がります。

 

以上、コストゼロのリアル口コミを加速させる小技2つでした。

簡単ですけど効果は大きいので、ぜひお試しくださいね〜。

 

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*