サロン経営でうまくいかない人の5つの言動

齋藤 陽介 齋藤 陽介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、web集客の話とは少し離れ、成功している(成功していく)サロンオーナーとうまくいってない(失敗する)サロンオーナーについてお伝えします。

コンサルタントという仕事柄、サロンオーナーさんだけに限らず多くの経営者さんとお話しする機会があります。

そんな中、雑談や会話の中で「この人はうまくいかないだろうなぁ・・・」と感じることがしばしばあります。

では、どんなサロンオーナーがうまくいってない、失敗するのか?

今回は、『サロン経営でうまくいかない人の5つの言動』と題しお話ししようと思います。

サロン経営でうまくいかない人の言動1
一度サロンに来てくれれば良さがわかる

サロン経営でうまくいっていない人がよくいう口癖です。

このような方は、よいサービスを提供すれば、資格を持っていれば、素晴らしい技術があれば、自然とお客さんが集まってくると本気で思い込んでいます。

しかし、残念ながら、それは幻想、思い込みです。これが本当なら詐欺師が儲かるということはないはずです。

 

お客さんというのは、「良い」からあなたのサービスを買うのではなく「良さそう」だから買います。

あなたのサービスが良いかどうかは、購入してからでしかわからないからです。

つまり、あなたが素晴らしい技術、想いサービスを提供していたとしても、お客さんに他のサロンの方が優れていると「思われて」しまえば、それまでだということです。

 

更にもっと言えば、あなたの存在、お店の存在が知られていなければ、検討すらされないわけです。

だから、もしあなたが本当によいサービス、素晴らしい技術を提供しているのならそれを伝える、伝え続ける努力をする必要があります。

本来、マーケティングやセールスというのは、無理矢理売り込むとかそういうものではなく自社の商品やサービスのよさを余すことなく伝える活動です。

 

サロン経営でうまくいかない人の言動2
さんだからうまくいった

セミナーやコンサルティングなどで成功事例をお伝えすると、「それは◯◯さんだからうまくいったんじゃないの?」という方がいます。

もちろん、その人の能力や人脈、特殊能力はあると思います。

しかし、大事なことは、その人が『なぜうまくいったのか?』『どのようにしてうまくやっているのか?』という本質的な部分を知ることです。

 

サロン経営でうまくいかない人の言動3
先行投資をしない

無料や安いもので「なんとか勉強しよう」と考えている人は多くいます。

しかし、そのような考えであれば、「やらないほうがマシ」です。それは下手な気持ちで、教材やセミナーを学習しようとしても、対して身にはならないからです。

 

セミナーや教材の投資費用というのは、貴重な時間に比べてみれば安いものです。

お金は取り戻すことができても、時間・若さは決して取り戻すことはできません。

それに、安いものばかりで済ませようとすると、知識自体が安いままで停滞します。

 

高級ホテルに泊まったことがない人は、そこで受けるサービスや雰囲気を体感できません。「泊まる」という価値自体はビジネスホテルも高級ホテルも変わりありませんが、1泊5千円と1泊3万円では必ず「何かしらの違い」があります。

 

その違いを自ら学び、そして自分のビジネスに活かすためにはやはり、自分が身銭を切って体験・体感するほかありません。

 

サロン経営でうまくいかない人の言動4
お金ができたらやります

お金ができたらセミナー参加します。お金ができたらweb集客に取り組みます。

いや、逆です。セミナーに参加しないから、web集客に取り組まないからお金がないのです。

それに、本当にお金がないのでしょうか?

本気で『今のままじゃいけない!』と考えるのであれば、家にある(本、テレビ、服、雑貨)などを売るなどやれることはたくさんあります。

 

ちなみに、私は22歳の頃(全財産25万くらい!笑)の時に、どうしても参加したいセミナー(18万くらい)に参加するために、自分のコレクションを売り払ってセミナーに参加したことがあります。

苦渋の選択でしたが、その時の思い切った行動がなければ、今の自分はありませんし、こうして小規模ヘアサロンのブログを書いていることもありません。

『お金がないから無理』というところから『お金がないけどなんとかならないか?』という発想に切り替われば結果は大きく変わってきます。

 

サロン経営でうまくいかない人の言動5
忙しいから時間ができたら

行動しない言い訳として「忙しいので時間ができたら、やりたいです!」という方がいます。

こういった方は、確実にいつになってもやりません。

これも本来は、逆の発想で忙しいからやらないんじゃなくて、やらないから忙しいのです。

大事な行動は、お客さんの予約と同様しっかりとスケジュール帳に書き込み、時間をブロックしてください。

 

いかがだったでしょうか?

今回、お伝えさせていただいた言動をしないように意識してもらえば、少しずつあなたの行動は変わり成功していくサロンオーナーになるはずです。

 

LINE@で無料相談を受付け中

職人オーナーから経営者に転身し、経営者として年収1000万以上を目指す方を対象に無料相談をお受けしています。

興味がある場合のみ、こちらから友達へ追加をして下さい。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

※LINE@でのご相談内容はプライバシーを保護した上で、SNSなどで公開させていただく場合がございます。ご了承の上ご相談ください。 

 

IMG_9386

The following two tabs change content below.
齋藤 陽介

齋藤 陽介

代表取締役RASISA株式会社 
サロン経営コンサルタントとして「経営、集客と利益アップの仕組みづくり」をサポートしている。特に、サロン開業から、ひとり頭の売上げ100万円に至るまでのサポートに実績がある。 美容室・ネイルサロン・エステサロンを対象として口コミや紹介、フリーペーパーのみに頼らず、ネットとリアル両方を駆使し「集客の仕組み化」を構築することに特化している。 中でもweb集客(ホームページやブログや広告)を活用した集客方法を得意としている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*