インスタグラムを美容室の集客に活用できる!?インスタを活用すべき3つの理由とは??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、若い世代に人気の写真共有SNS【インスタグラム】をマーケティングに活用する企業は増えています。

美容室のマーケティングにおいても、かなり活用事例が増えてきています。

今回は、インタグラムの特性をカンタンにご説明いたしようと思います。

 

他のSNSに比べても「女性ユーザー」の割合が多い

おしゃれで手軽な投稿ができるインスタグラムは、他のSNSに比べても「女性ユーザーが多い」というデータがあります。

また、若い世代の女性に多く利用者がいることで、美容室のマーケティングにおいても利用価値は高いことが伺えます。

スクリーンショット 2015-12-08 02.22.09

▶︎Instagram、1年間で国内アクティブユーザー75%増に成功。

 

インスタグラムで有名になり、書籍まで出版している美容師さんもすでにでてきているようです。

▶︎アレンジレシピ付き♡福岡のカリスマ美容師Rumiさんに習う愛されアレンジ

 

投稿が簡単で、ユーザーにも魅力が伝わりやすい

ブログやTwitterとの大きな違いは、テキストではなく「写真」が主体のSNSであることです。

文章のライティングには少し抵抗がある女性美容師さんでも、投稿がしやすいのではないでしょうか?

また、閲覧者にも価値が伝わりやすい部分にもメリットがありますね。

 

毎日ブログを書く労力とくらべても、インスタグラムは取り組みやすく、手軽に発信できるSNSであると言えると思います。

有名美容室でも積極的にインスタグラムをマーケティングに活用されている事例も。

▶︎インスタの影響ここ3カ月で飛躍的」 人気ヘアサロンがSNSで気をつけているポイントは

 

比較的拡散性がなく、コミュニケーションがとりやすい

例えば、Facebookでは、「いいね」を押すと押した人のフォロワーにも強制拡散されてしまいます。

Twitterなら、リツイート機能なんかでいきなりめちゃくちゃ拡散されていまうこともありますね。(笑)

それらと比べると、インスタグラムはあまり拡散性がありません。

 

これを逆に捉えると、気軽にコミュニケーションがとれるということ。

SNSは信頼構築の一つと捉えれば、実は「コミュニケーションのとりやすさ」こそ大切になってきます。

 

アナログに置き換えると、

【ただチラシを巻くよりも、手紙をやりとりできる方が来店の可能性は高まる】

というイメージですね。

 

ということで、なんとなくインタグラムを美容室の集客に活用するイメージができたあなたは、今すぐ活用することがオススメです。

 

インスタを有効活用するための具体的な方法とは?

私のLINE@では、インスタマーケティングのノウハウを無料で個別アドバイスOKです。

インスタアカウントを添えて、【一言アドバイス希望】と連絡をください。

実際にインスタで集客しているノウハウをひっそりお伝えさせていただきます。笑

IMG_6226

注)誰でもできるノウハウです。

 

PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

※ご相談内容はプライバシーを保護した上で、SNSなどで公開させていただく場合がございます。ご了承の上ご相談ください。

IMG_6264

 

■参考記事
【「この度、5人の美容師が全員辞めることになりました」という美容室経営者さんからのご相談。】

IMG_5219

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*