コピーライティングの基本。美容室の広告宣伝にも「AIDA(アイダの法則)」

美容室の広告宣伝にもコピーライティングの知識は必要不可欠です。

当たり前ですが、ホームページやチラシなどの広告は、きちんと見込み客に「価値」が伝わらなければ意味がありません。

実際、情報があふれている時代ですので、あなたの価値をより的確に表現する必要性があると思います。


 

そこで、一つ抑えていただきたいことがあります。

それは、ホームページの作成業者も、チラシの作成業者もあくまで「製作のプロ」であり、「マーケティングのプロ」ではないということです。

 

デザイン的にいくらかっこよく、見やすく作成されたとしても「伝わるコピー」でないと無意味だったりしているケースも意外と良くあります。

なので、デザイン作成業者に丸投げして終わりにせず、マーケティングのプロにコピーを考えてもらうか、経営者のあなたがマーケティングの観点で修正を入れるべきだなのです。

 

基本のセールスコピーには、「AIDA(アイダ)の法則」というものがあります。

 

Attention(注意)・・・見込み客の注意を引くキャッチコピー

Interest(関心)・・・見込み客に商品(メニュー)を訴求し関心を引く

Desire(欲求)・・・見込み客に商品(メニュー)への欲求があり、それが満足をもたらすことを理解させる

Action(行動)・・・見込み客に行動(予約)を起こさせる

 

とりあえずこれを抑えておくだけでも、見込み客に「伝わる」広告媒体に早変わりします。

 

単にサロン情報や特徴を羅列しただけではなく、常に「もっと伝わるコピーライティング」を意識してみみてください。

 

P.S
「セールスコピーライティング」を学びたい方は、こちらの動画もご確認ください。
http://salon-labo.com/j0kq

スクリーンショット 2015-05-23 01.32.06

関連記事

オーディオブック無料配布中!

脱・職人アカデミー主宰/鈴木和敏

200

最近の活動状況なども発信している個人ブログはこちらです。

脱職人経営の鈴木(公式サイト)

カテゴリー

Facebookではライブ配信もやってます。