美容室経営でもリストマーケティングが基本中の基本

美容室経営においても、リスト(顧客情報)を確保することは基本中の基本です。

リストとは顧客リストや見込み客リストの情報のことですね。

 

そのお客さんに、直接アプローチしていくビジネスのことを

『リストマーケティング』といいます。


 

 

メルマガやはがきDMなどで、お客さんとの信頼関係を築き、ビジネスを安定させていくわけです。

 

金庫にしまうべきなのは、今日の売上ではなく『顧客リスト』と言っていいくらい大事であり、基本的なことになります。

 

もし、あなたが『顧客リスト』を持っていなければ危険です。

お客さんへの連絡方法がありませんからね(^^;;

 

普通の美容室ならば、『顧客カルテ』として、顧客情報を管理されていると思います。

 

ぜひその際には、必ずメールアドレスをいただき、メルマガ配信環境を構築しておきましょう!

 

ブログの読者やTwitterのフォロワー、フェイスブックのいいねや、LINE@の登録者を増やすだけでは不十分です。

他社メディアでは、自分の資産を他人に預けてるのと同じだからです。

 

 

顧客情報は自社の資産です。

 

いつでもこちらからコンタクトをとれる形を構築しておくことが大切です。

 

 

お客さんはかなり気分屋ですしね。

待っていても来てくれる保証はありません・・・(^^;;

 

 

メルマガ配信環境を整えて、お客さんのお名前とメールアドレスをいただいておきましょう。

関連記事

オーディオブック無料配布中!

脱・職人アカデミー主宰/鈴木和敏

200

最近の活動状況なども発信している個人ブログはこちらです。

脱職人経営の鈴木(公式サイト)

Facebookではライブ配信もやってます。