美容室の集客用YouTube動画にアクセスを集めるための5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeを美容室の集客にうまく使うサロン様が増えています。

グーグルでも「動画」がサイトにあることを重要視していますし、そもそも閲覧する側に対しても「動画」は有効です。

それは、文字情報や画像だけでは伝わらない「情報」が動画で得ることができるからですね。

今はスマホ一つあれば、撮影から編集まで可能ですので、ぜひ作成することがオススメです。

動画の作り方のポイントはたくさんあるのですが、今回はYouTube動画にアクセスを集める為の基本的なポイントを5つお伝えしたいと思います。


 

1.タイトルにキーワードを入れる

地域名、美容室、サロン名、サロンの特徴

タイトルは長くなっても構わないので、なるべくキーワードを入れておきましょう。

ポイントは、サロン名を英語(ローマ字)表記ではなく、カタカナ表記することです。

オシャレなサロン名は読めない方もおられます。

また、サロン名を知ってるケースでも、カタカナ検索が8割を占めているといったこともあります。

カタカナ表記は必ず入れることがオススメです。

 

2.説明文にキーワードを入れる

YouTubeの説明文はブログ記事同様、検索に影響があります。

店舗の紹介文をしっかり書くなど、検索も意識してなるべくキーワードを入れておきましょう。

もちろん、動画の内容にも関係があるキーワードを使うことがオススメです。

情報発信になりますので、文字制限いっぱいまで使うこともありではないかと思います。

3.説明文に関連動画のリンクを貼る

今のところ、関連動画のリンク紹介も影響があるとされています。

自分のチャンネルの他のオススメ動画や、地域で人気がある(再生回数が多い)他人の動画、キーワードが近い他人の動画のリンクを説明文でご紹介しておきましょう。

ようは、説明文も「大事な情報発信エリア」であるという認識が大切なのだと思います。

 

4.タグを入れる

YouTube動画には、タグを埋め込むことができます。

タグを適切につけることにより、YouTube内での検索にはかなり影響があるようです。

ここは「動画のジャンル」を指定するようなイメージで、大きめなワードを使うのがオススメです。

関連性の薄いワードばかり使うとスパム扱いされるケースもあるようです。

IMG_1699

 

5.サムネイル画像を自作する

YouTube動画では、サムネイル画像を指定できます。

サムネイルとは、ブログのアイキャッチ画像のようなものです。

こちらで指定しない場合、動画の一部がサムネイルにあてられます。

アイキャッチは「新聞の見出し」なみに重要なので、できる限り興味を惹くものを指定しましょう。

大きな文字を入れるなどの編集をすることがオススメです。

IMG_1701

 

最近は、小手先のSEO対策は逆にマイナスになるケースが増えているようです。

いまSEOで一番大事なのは、「みる人のために情報を最適化」することにあります。

アクセスする人の身になって情報整理をすることが一番の対策だと思います。

YouTube動画に限らないことですが、より丁寧な情報発信を心がけていくことがオススメです。

 

P.S
YouTubeを美容室の集客にフル活用したい方はこちらもご確認下さい。
http://salon-labo.com/d003

The following two tabs change content below.
鈴木和敏

鈴木和敏

株式会社 髪研代表取締役
SBA(サロンビジネスアカデミー)主宰。 福島県内で8店舗の小さな美容室を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*