集客、リピートにつながる!お客さんが本当に『一番知りたいこと』とは?

松木俊憲 松木俊憲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ずっとここに通いたい、、、

そんなサロンを選ぶ理由

「本当に知りたいこと」

それは、

「自分をより魅力的にプロデュースしてくれる人かどうか」です。

わかりやすくいうと

「良い仕事をしてくれるプロ」かどうかです。

あなたも同じお金を払い、同じ時間を使うなら、

下手な先生より、名医と言われる先生に見て欲しいですよね?

でも、、、

実際は価格と雰囲気を伝えるばかり、、、

そしてせっかく来店してくれても

価値を伝えるオペレーションの仕組みが全くない。

これではウチは「他の美容室と同じですよ」って言っているも同然です。

 

では何を一番に伝えればいいのか?

それは、、、

「人」です

決して自分の生い立ちとかではないですよ笑

私の思う美容室の「商品」は「人」だ!ということです。

社員が努力で積み重ねた技術や心

これを私たち経営者は「一番価値ある商品」として

しっかりと伝える、伝わる仕組みを作らなければいけません!

ほとんどの美容室はこの一番に「伝えるべき情報」を伝えてない。

 

では「人」を「商品」としてどうやって伝えるの?

 

1、あなたのお店のこだわりを伝える

来店から、退店まで様々なこだわりを書き出し明確にして下さい。

そこにはたくさんのこだわりがあるはずです。

・技術のこだわり

・薬剤のこだわり

・接客のこだわり

しっかり社員と共有し、社員からお客さんへ伝わる仕組みを作って下さい

まずは台詞を作ってあげてもいいと思います。

 

2、あなた(社員)自身を伝える

美容に対する情熱

お客さんへの思い

だから、日々どのような努力をしているのか、、、

さりげなくいい仕事!ではなく

大袈裟なくらいがちょうどいい!

自分を良く見せる技術

これは時間をかけずスマートに伝える練習が必要です!

 

3、価格を伝える

「価格」は大切ですが3番目。

あなたにとって大切なのは「安さだけを求める人」ではなく

ずっと通っていただける「あなたを求める人」ですよね?

商品に見合った価値に自信を持ってお伝えできる「価格」

もう一度見直してみてはいかがでしょうか?

そしてその価値を社員に理解してもらうこと

価格ではここが最重要ポイントではないかと思います。

価格を上げる、、、

以外に社員からの反発もあったりします。

だからこそ、

もう一度言いますが

「人」が重要でもあるということも理解して下さい。

 

まとめ

集客、リピート、紹介、

伝えるのに「価格」、「サロンの雰囲気」や「デザイン」なども確かに重要です

しかし、本当にお客さんが知りたいこと

私たちが伝えるべきこととは

一番にプロフェッショナルな「人」ではないでしょうか?

きっと大切な社員も喜び

今まで以上に売り上げも上がります、、、

 


 

経営者として、美容師として、人として、、、

達成までの道筋は理解できた、、、

しかし何から始めたらいいのか?

どう落とし込んだらいいのか?

ライン@友達追加で想いを叶える視点チェックシートプレゼント

まず最初にやるべきこと、、、

確認してください。

 

Instagram

The following two tabs change content below.
松木俊憲

松木俊憲

株式会社OCEAN 代表取締役 PRIMA(兵庫県西宮市) SABFA卒業。 経営者として、美容師として、人として、 〜デザインとは技術とビジネスの融合〜 売り手から買い手の視点へ をテーマに 経営、カット、メイク、撮影、カウンセリングまで多岐にわたり セミナーを行う。 デザイン、想いを形にするためにメイクを取り入れた独自の育成で 上手いとは売れること!をわかりやすく教え理解してもらい 一人でも多く、売れて思い描く人生を楽しみ尽くせる経営者、美容師作りを行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。