美容室における定例会議やミーティングを利益アップに繋げる方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのサロンは会議やミーティングはどのくらいの頻度でされていますか?

 

朝の朝礼、営業後の終礼、週1回のミーティング、月1回の定例会議など・・・

 

サロンによってはそこに店長会議や役員会議など、さらに細分化されてるサロンもあるでしょう

 

ちなみに私のサロンは・・・

朝礼、終礼は今まで一度もやったことがありません・・・笑

(今の所行う理由が全くないので・・・)

 

スタッフに会社の方向性や自分の人生の方向性を確認をしてもらう為に3ヶ月に1回だけ定例会議をさせてもらっています

 

とは言っても、会議の回数や内容でで利益の高い・低いが決まるわけではありません

 

 

会議やミーティングを確実に利益アップに繋げる方法とは・・・?

 

 

それは・・・【会議のマネジメント力】です

 

ハッキリ言ってこれに尽きます

 

会議の場合は受け手であるスタッフより運営側の上司の会議マネジメント力によって大きく成果が変わってきます

 

何故なら・・・

 

・会議の内容が伝わらないのはスタッフに問題があるのではなく、【上司の伝え方】に問題があることが多い!

・会議を運営する側の上司は会議内容を理解して実行してもらう為に徹底的に準備(企画力、プレゼン力、資料作成力など)すべき!

・会議やミーティングは何を伝えたくて、スタッフにどのくらい理解して欲しくて、どのくらい行動してほしいのか?

・スタッフがどう行動してどのくらいの成果がゴールなのか?

 

そのくらい会議のマネジメントこだわっていますか??

ちなみに私は、会議やミーティングに徹底的にこだわり、何度も何度もシュミレーションをします

時間設定や内容まで全て台本を徹底的に作ります(ストーリーがあった方が腹落ちしますよ、ゼッタイ)

 

 

スタッフは現場でお客様に全力を注ぐのが本分

代わりに上司はスタッフが現場で全力を注げるようにサポートするのが本分です

 

会議のマネジメント力が足りないサロン(もしくは重要性を見いだせていない)は、事あるごとに会議やミーティングを開き、成果に全く繋がらない無駄な時間を過ごしてしまいます

 

会議の内容がスタッフに伝わらなければ利益が上がるはずもないですよね・・・

 

そもそも会議のマネジメントも出来ないサロンが、スタッフのマネジメントをできるわけがありませんよね・・・?!

 

タイムイズマネー 時は金なり ですから、無駄な会議で時間を損失する事は利益損失になります

そしてスタッフは疲弊し、人材損失にもなりかねません

 

定例だから行われている会議は生産性はゼロです

1秒でも早く無くすべきでしょう

 

大切な時間を使っているわけですから、ちゃんと伝えられないなら会議なんて不満が溜まるだけの時間です

 

上司はもっと【会議のマネジメント力向上】利益(売上だけでなく時間的価値)に繋がる事を理解するべきです

 

神は細部に宿りますので・・・

 

【人も利益も残すホワイト経営術】を実現するチェックシートを無料配布中!!

私のLINE@では、個人事業主から法人化への検討されてる方、利益を確保したい方、スタッフの離職率を下げたい方、助成金について詳しく知りたい方、求人が集まらなくてお悩みの方を対象に無料相談を受け付けております。

また、LINE@登録で【人も利益も残るホワイト経営】チェックシートを無料配付いたしております。

ライン@登録はこちら

友だち追加

 

 

 

The following two tabs change content below.
原 和己

原 和己

代表取締役株式会社dish-up
愛知県名古屋市にヘアサロンにコールドプレスジュースカフェを併設させ、美容と親和性の高いトレンド型のクロスセルモデルを展開。ヘアメニューだけに頼らない新時代のサロン運営による収益化を実践している。 正規雇用、業務委託、フリーランス、経営者と美容師として全カテゴリーを経験し、法人化、人事労務整備、助成金に精通する。 『ヘアサロンの働き方改革』を推奨し、【人も利益も残すホワイト経営】を実現。 美容室の法人化、スタッフ求人問題、離職率の低下、助成金の活用をメインテーマに多くの美容室経営者をサポートしている。

SNSでもご購読できます。