個人事業主の美容室経営者は今すぐに法人化すべき!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室経営は個人事業主オーナーの方が多い業界です。

私の知ってる美容室オーナーも半々の割合で個人事業主オーナーが多い感覚です(間違ってたらすいません・・・)

 

昨今の【働き方改革】の流れは間違いなく美容業界にもやってきます!

 

そうなった時に『いいサロン・悪いサロン』の判断基準として個人か法人の違いは思ってる以上に大きいはずです。

例えばの話、新卒の美容学生やサロンを変えたいと考えてる美容師さんがサロンを選択する上で、あえて個人事業主オーナーの美容室に就職する確率って低いと思いませんか?

 

雇用保険、社会保険完備、有給休暇、賞与 etc 近年は労働条件や労働環境に対して非常に厳しくなっている時代です。

法人化をして社会に対してしっかりと看板を出している事が社会的認知をされる上でも必要になってきました(特に日本は。)

 

法人化をしている=ちゃんと経営をしている

そう言っても過言ではないでしょう。

 

 

個人事業主でやっているうちは、全て自己評価・自己判断でやれてしまいます

法人化することで、会社の評価は働くスタッフや社会、つまり周りが評価をします。

 

 

人材を定着させ、長く働いてもらう為にも法人化や人事労務のインフラ整備は必ず必要です

私自身も今サロンを変えるとしたら、法人で労働条件や規定が明確になっているサロンに転職するのは間違いありません

 

自分がいずれハサミを置いて経営に専念する事がプランにあるのなら、しっかりとした土台(会社)を作っておけば安心です

 

そう考えると個人事業主でやり続けるよりも、法人化していく方が長い目で見てメリットしか無いと考えます

 

ちなみに私は、法人化を先にしてからサロンをオープンさせました(結構、驚かれますし、賛否両論です 笑)

 

最初に法人化して労働条件や労務を整備している(人数が増えてから整備するとかなりめんどくさい)ので、長期で見れば非常に時短になっています。(ルールが決まっているので話が早い)

先に面倒な整備をしているのであとは利益率UPや成長に時間やお金を投資できる状態です。(個人の感想です)

 

特に個人事業主オーナーを2年以上されている方は、早めの法人化をおすすめしますよ。

やはり業界自体が人材難な上、過酷な労働環境のところもあるので、早め早めの対策が良いですね!

 

 

【人も利益も残すホワイト経営術】を実現するチェックシートを無料配布中!!

私のLINE@では、個人事業主から法人化への移行を検討されてる方利益を確保したい方スタッフの離職率を下げたい方助成金について詳しく知りたい方求人が集まらなくてお悩みの方を対象に無料相談を受け付けております。

また、LINE@登録で【人も利益も残るホワイト経営】チェックシートを無料配付いたしております。

ライン@登録はこちら

友だち追加

 

The following two tabs change content below.
原 和己

原 和己

代表取締役株式会社dish-up
愛知県名古屋市にヘアサロンにコールドプレスジュースカフェを併設させ、美容と親和性の高いトレンド型のクロスセルモデルを展開。ヘアメニューだけに頼らない新時代のサロン運営による収益化を実践している。 正規雇用、業務委託、フリーランス、経営者と美容師として全カテゴリーを経験し、法人化、人事労務整備、助成金に精通する。 『ヘアサロンの働き方改革』を推奨し、【人も利益も残すホワイト経営】を実現。 美容室の法人化、スタッフ求人問題、離職率の低下、助成金の活用をメインテーマに多くの美容室経営者をサポートしている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。