ど田舎サロン経営再生!ど田舎サロンはスタッフの定着が最重要な理由

こんにちは!神崎智樹です。

 

詳しい自己紹介が遅れましたが・・

 

私は人口がたった1万8千人の、四国の地方のそのまた地方の町でサロンを2店舗経営しております。

 

以前は経営も苦しく、客単価は7000円あればいいほう。

全く利益も残らない状況だったのですが、鈴木塾で学んだおかげで客単価が10,000超になり、スタッフの待遇も改善し、週休2日や売り上げ還元率35%などを達成できております。

 

 

●ど田舎サロンはスタッフの確保が何より重要


都会でもそうだとは思いますが、、、

 

特にど田舎ではスタッフの確保がとても重要です。

なぜなら、美容師自体の人口がとても少ない・・

 

1人退職してしまうと、次に確保するのが本当に大変です。

 

新卒を採用しようとしても、美容学校の卒業生の人数もびっくりするほど少ないですよね。

卒業者数が少ない上に、モチベーションの高い学生は都会のサロンに就職してしまい、残った学生の争奪戦になります。

また地域の目立つサロンや有名サロンに就職希望がかたまってしまい、小さなサロンが新卒を採用する事がとても困難な状況です。

運よく採用できたとしても、すぐ辞められてしまったり、スタイリスは経営にとって大きな打撃になりますよね。

 

ではどのようにすればスタッフの定着が図れるようになるのでしょうか?

 

 

●スタッフの定着を図る3つの重要ポイント


・収入やその他の待遇

・社長の価値観や日々の振る舞い

・仕事のやりがい

 

この3つが揃ってこそ、スタッフは定着していくと考えています。

 

何店舗もあって、スタッフが何十人もいるような大型サロンは、自動的に会社が回っていく自動化の仕組みや組織化が大切になってきますが、小さなサロン、特に1店舗数名のようなサロンでは特にこの3つが重要です。

 

良くも悪くも小さなサロンでは「社長・オーナー」で店が決まります。

待遇だけよくても仕事にやりがいを感じないと続かないし、オーナーといつも身近にいるぶん、オーナーの発言、考え、振る舞いにスタッフは大きく左右されます。

 

次回からは、

・収入やその他の待遇

・社長の価値観や日々の振る舞い

・仕事のやりがい

 

について解説していきます。

 

 


ブログ読者限定で無料の個別相談を行なっています

経営者にとって悩みは尽きませんが、経営の悩みを話す相手として、スタッフはおろか、家族、友人などでは物足りないのも事実ですよね。

ぜひ1度ご相談ください。

個別相談はこちらのLINEよりご連絡をお願いいたします。

 

友だち追加

関連記事

オーディオブック無料配布中!

脱・職人アカデミー主宰/鈴木和敏

200

最近の活動状況なども発信している個人ブログはこちらです。

脱職人経営の鈴木(公式サイト)

Facebookではライブ配信もやってます。