美容室集客に繋がるブログ記事3つのコツ

齋藤 陽介 齋藤 陽介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はブログを書く時のコツについてお伝えします。

多くの美容室がブログ集客に取り組んでいますがその大半はうまくいっていません。

 

その大きな理由は2つあります。

1.【売り込みや役に立たない情報が多い】

 

2.【アクセスを集めることができない】

 

というのが大きな理由です。

 

1.【売り込みや役に立たない情報が多い】ということに関してはこちらの記事で改善方法、どんな情報を配信したらいいかなどをお伝えしています。

 

ぜひ、チェックしてみてください。

 

今回は、2.【アクセスを集めることができない】問題に対して3つのコツという観点でお話をしていきます。

 

そもそもアクセスが集まらない?

どんなに良い記事を書いても、役立つ記事を書いても見て貰わなければ意味がありません。

 

例えば、、、

月10件以上新規集客ができる看板があったとします。

その看板は、なぜそんなにも新規集客が出来るのか?

 

・内容が良いから?

・インパクトがあるから?

・特典やオファーが魅力的だから?

 

もちろんそれらの理由もありますが、それ以前に、交通量の多いところに掲載をしてより多くの人に見てもらっているからなのです。

 

Web集客、ブログ集客も上記と同様にまずは、アクセス(交通量)を集める必要があります。


美容室集客に繋げるブログ記事3つのコツ

ブログ記事のコツ1. 魅力的なタイトルにする

 

ブログタイトルの役割は、様々ありますが一番の目的は、そのタイトルを見ただけでブログ記事を読んでみたいと感じてもらうことです。

 

それと同時に、タイトルをみてどんな内容のブログなのかがわかるようにしておくことも大切です。

つまりこのタイトルが魅力的ではないと記事をみてもらうことができずにアクセスを集めることができません。

 

・どんな学びがありそうなのか?

・どんな悩みが解決しそうなのか?

・どんなことがわかるのか?

これらがわかるタイトルを考えて、読むことでどんなメリットがあるのかを意識してみてください。

 

ブログ記事の内容に時間を多くかけると思いますがブログタイトルも同様多くの時間をかけて考えてみてください。

 

ブログ記事のコツ2. 検索されたいキーワードを含める

 

あなたのブログ記事を見てもらうためには当たり前ですがアクセスを集めなければいけません。

 

ブログでアクセスを集めるにはタイトル&記事に検索されたいキーワードを含む必要があります。

 

例えば、、、

白髪があり髪のうねりに困っている人に対して、ブログ記事を読んでもらいたいのであれば、

 

ブログのタイトルと記事に、「白髪悩み・髪のうねり・髪質改善」といったキーワードやフレーズをいれておく必要があります。

 

キーワードを入れれば検索上位に必ず表示される訳ではありませんが、このキーワードを含まない限り検索結果に表示されることはありません。

 

ブログ記事のコツ3. 1記事1テーマに絞る

 

『何を伝えたいのかわからない』というようなブログ記事をよく見かけます。

その大きな原因は、1記事1テーマに絞れていないということです。

 

伝えたいことが沢山あり、あれもこれもとなると読み手としてはとても読みづらくなってしまいます。

 

不特定多数の人にむけてブログを書くより一部の関心の高い人に響くようにブログ記事を書いてみてください。

 

もし伝えたいことが沢山あるのなら、細かくテーマをわけて1記事1テーマに絞ってください。

 

頭を整理するという意味でも1記事1テーマを意識してみてください。

 

以上3つのコツを参考にしてブログを書いてみてください。

 

脱職人経営チェックシート配布中

集客を他社メディアに依存せず、利益率の高い美容室経営を目指す方にもオススメの「脱職人経営チェックシートVer1.2」を配布中です。

私のLINE@にご登録ください。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

※PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

The following two tabs change content below.
齋藤 陽介

齋藤 陽介

代表取締役RASISA株式会社 
サロン経営コンサルタントとして「経営、集客と利益アップの仕組みづくり」をサポートしている。特に、サロン開業から、ひとり頭の売上げ100万円に至るまでのサポートに実績がある。 美容室・ネイルサロン・エステサロンを対象として口コミや紹介、フリーペーパーのみに頼らず、ネットとリアル両方を駆使し「集客の仕組み化」を構築することに特化している。 中でもweb集客(ホームページやブログや広告)を活用した集客方法を得意としている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*