ホームページ制作のプロはweb集客のプロではない

齋藤 陽介 齋藤 陽介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、サロンオーナーからこんな嘆きの声をよく聞きます。

 

・ホームページは一応あるんですが何も役に立っていません。。。

・リース契約をしてしまい毎月支払いが大変です。。。

・成果を上げるためにホームページの改善や提案をしてくれない。。。

 

などホームページ会社に対する不満を抱えている方は非常に多いです。

そこで、今回はホームページを依頼する際に気をつけるべきポイントについてお話をします。

ホームページ制作会社の矛盾!?

多くのホームページ会社がお客さんを集客するために、テレアポや飛び込み営業をしています。

 あなたのサロンにも営業マンが一度くらいは、きたことがあるのではないでしょうか?

しかし、冷静になって考えてみてください。

なぜ、そのような方法で営業をしてくるのか?

ホームページ会社ならホームページで集客ができるはずです。

 

しかし、自社のホームページでは、集客ができていないからそのような方法をするしかないのです。

自社の集客もろくにできていないホームページ会社が美容室の集客なんてできるはずがありません。

 

あくまでホームページ制作会社はホームページを作るプロであり集客のプロではありません。

 

ですので、

『問い合わせに繋がる内容の作成』

『アクセスが集まりやすいキーワードの選び方』

『興味が湧く文章に添削』 

 

などはしてくれません。

 

ですので、ホームページを作成する目的が集客ならマーケティングのことまで考えてくれる制作会社を慎重に選ぶようにすることが大切です。

 

制作会社の選び方のポイント

基本的には、マーケティングに詳しいということです。

見積もりや打ち合わせの段階でデザインの話やシステムの話ばかりで、マーケティングに関して一切話がない場合は要注意です。

 

また、こちらからどのような施策や対策で集客していくのか?ということはしっかりと聞いておいてください。

※通常でしたら相手から提案をしてきてくれます。

的外れの答えや答えられないようでしたらお願いすることはやめたほうがいいです。

 

支払いについては、5年契約のリースなどは絶対にしないでください。

美容室向けで制作費が60万〜100万円のホームページはまずあり得ません。

 

ここでもお伝えしますが、重要なのは作成してからです。

反応をみながらテスト改善をしっかりしてくれるのか?

 

ホームページを作成、リニューアルする際は以上を参考にしてみてください。

最後に、すべてのホームページ会社が悪いというわけではありません。

全体の5%はとても素晴らしい方々です。

 

チェックリストを無料配布します

脱職人経営をテーマに立ち上げた、SBA(サロンビジネスアカデミー)では、ノウハウのリスト化を進めています。

その一部要点だけを一枚のPDFにまとめた、「脱職人経営チェックリストver.1.2」を今だけ期間限定で無料提供しています。

本気で欲しい方のみ、LINE@にご登録ください。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

The following two tabs change content below.
齋藤 陽介

齋藤 陽介

代表取締役RASISA株式会社 
サロン経営コンサルタントとして「経営、集客と利益アップの仕組みづくり」をサポートしている。特に、サロン開業から、ひとり頭の売上げ100万円に至るまでのサポートに実績がある。 美容室・ネイルサロン・エステサロンを対象として口コミや紹介、フリーペーパーのみに頼らず、ネットとリアル両方を駆使し「集客の仕組み化」を構築することに特化している。 中でもweb集客(ホームページやブログや広告)を活用した集客方法を得意としている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*