アクセスを集めても売上は変わらない

齋藤 陽介 齋藤 陽介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページサイトにアクセスを集める為に、ネット広告をだしたり、SNSと連携したり、チラシや名刺にURLを掲載したりとさまざまな対策をしていると思います。

 

しかし、ホームページサイトにアクセスが集まっているのに全く問い合わせがない…

なんていう話はよく聞きます。

 

どんなにアクセスがあっても問い合わせがなくては、当たり前ですが売上は上がりません。

売上を上げる対策は成約率!?

ホームページ見てくれた人が商品を購入(来店)した割合のことを成約率といいます。

1000人のアクセスがあり、その中で10人お店に来店した場合、成約率は1%になります。

 

ホームページの成約率は1%あれば良いホームページと判断できます。

ホームページサイトを活用して売上を上げるには下記の数式が成り立ちます。

 

アクセス数×成約率=売上

 

この数式を見てもお分かりの通り、アクセス数が1000あっても成約率が0では売上は上がりません。

ホームページからの予約がないのは「アクセスが少ないから」と考える方は多くいます。

しかし、ホームページから予約や問い合わせがないのは、単純に成約率が低いからという理由があります。

 

アクセスを集めれば問い合わせ、予約につながるとは言い切れないのです。

 

まずは、アクセスを集める前に問い合わせ、予約につながるサイトになっているのか?ということを確認してからアクセスを集める対策を打ちましょう。

 

次回は成約率を上げるシンプルな仕組みについてお伝えします。

 

LINE@で無料相談を受付け中

職人オーナーから経営者に転身し、経営者として年収1000万以上を目指す方を対象に無料相談をお受けしています。

興味がある場合のみ、こちらから友達へ追加をして下さい。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

※LINE@でのご相談内容はプライバシーを保護した上で、SNSなどで公開させていただく場合がございます。ご了承の上ご相談ください。 

IMG_9386

The following two tabs change content below.
齋藤 陽介

齋藤 陽介

代表取締役RASISA株式会社 
サロン経営コンサルタントとして「経営、集客と利益アップの仕組みづくり」をサポートしている。特に、サロン開業から、ひとり頭の売上げ100万円に至るまでのサポートに実績がある。 美容室・ネイルサロン・エステサロンを対象として口コミや紹介、フリーペーパーのみに頼らず、ネットとリアル両方を駆使し「集客の仕組み化」を構築することに特化している。 中でもweb集客(ホームページやブログや広告)を活用した集客方法を得意としている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*