美容室集客で重要!? アメブロカスタマイズの必要性とサイドバーの配置方法

齋藤 陽介 齋藤 陽介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今回はアメブロで、集客をしている方へより集客効果を上げるために、おすすめのカスタマイズ方法についてお伝えします。 

アメブロのサイドバーには、様々なメニューを配置することができ、どこに何を表示するのかを自由に決めることができます。

目的に合わせてどんなメニューを配置するのか?ということが重要なポイントです。

それでは、どのようにサイドバーのメニューを配置して行けば良いのか、詳しくお伝えしていきます。


サイドバーの数はいくつが良いの?

アメブロでは、2カラム又は、3カラムかを選ぶことができます。

カラムというのは、縦方向の列のことです。

下記の画像のように、サイドバーが1つのものを2カラム、2つのものを3カラムと呼びます。

karam

「どちらが絶対に良い」というのはありませんが、サロン集客のためのアメブロには、情報を多く掲載でき、記事以外のページへ誘導しやすい3カラムをオススメしております。

サイドバーに配置する項目

それでは、実際にサイトバーに何を配置したらよいのか、アメブロに用意されているメニューの中からピックアップして説明していきます。

フリースペース

フリースペースには、画像、テキストなどを自分で入力して自由に設置することができます。

弊社のカスタマイズでは 

・営業時間
・電話番号
・誘導したいブログページへのリンク
・ホームページへのリンク

などを配置しております。

freespace

 

プロフィール

アメブロでは、オーナーやスタッフの魅力や親近感を感じていただくことが大切になります。

自分のファンなっていただくことで、ブログを読んでいただくことができます。

・今までの経歴
・お店を始めたきっかけ
・お店の特徴

などを掲載しております。

最新の記事

多くの記事を読んでもらうために必要な項目です。

表示させておくことで、気になったタイトルの記事を見てもらうこともできます。

テーマ

分かりやすくテーマ分けしておくことで、訪問者が読みたい記事を探しやすくなります。

ランキング

ある程度の順位であれば、信頼が高まりますので表示させておくと良いでしょう。

読者一覧

読者一覧を表示すると、読者の方のブログタイトルが表示されそのブログへ飛ぶことができます。

読者を増やしたいと思っているアメブロ利用者にとって、自分のブログの宣伝にもなります。

読者を増やすためには有効ですので、読者一覧は表示させておきましょう。

お気に入りブログ

読者一覧と同様の理由から、表示させておくと良いです。

ブックマーク

ホームページやワードプレスブログなど、誘導させたいサイトのリンクを表示させておきましょう。

その他に、ブログ内検索、アーカイブ、カレンダーがありますが、重要な項目ではないので、表示しなくて構いません。

サイドバーの配置順

当たり前ですが、ブログは上から見られるため重要なものから上の方に配置していきます。

サロンの場合、

左上に

・フリースペース

その下に、

・ブックマーク
・読者一覧
・お気に入りブログ
・ランキング

右上に

・プロフィール

その下に、

・最新の記事
・テーマ

という配置が現段階では、良い結果を集められています。

以上が、アメブロカスタマイズの必要性とサイドバーの配置方法になります。

あなたのブログでも、この記事を参考にサイドバーのメニュー配置を変えてみてはいかがでしょうか?

チェックリストを無料配布中です

脱職人経営をテーマに活動中のSBA(サロンビジネスアカデミー)では、ノウハウのリスト化を進めています。

その一部要点だけを一枚のPDFにまとめた、

「脱職人経営チェックリストver.1.2」

を今だけ【期間限定】にて無料提供しています。

本気で欲しい方のみ、LINE@にご登録ください。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

 

■齋藤陽介の個人SNS

Facebook /  Instagram / LINE@

The following two tabs change content below.
齋藤 陽介

齋藤 陽介

代表取締役RASISA株式会社 
サロン経営コンサルタントとして「経営、集客と利益アップの仕組みづくり」をサポートしている。特に、サロン開業から、ひとり頭の売上げ100万円に至るまでのサポートに実績がある。 美容室・ネイルサロン・エステサロンを対象として口コミや紹介、フリーペーパーのみに頼らず、ネットとリアル両方を駆使し「集客の仕組み化」を構築することに特化している。 中でもweb集客(ホームページやブログや広告)を活用した集客方法を得意としている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*